なんて豊かな引退作

DSCF8879.JPG

 

 ふだん世間とは関係なく生きている

 つもりではいるのだけど、

 なんとなく入ってくるニュースや情報から、

 ほんとうに慌ただしい1週間だった気がする。

 中日が10年ぶりの8連勝なんかしちゃうのも

 千秋楽までもつれた大相撲名古屋場所

 の優勝の行方もその一因ではあるのだけど、

 大勢の人が亡くなるニュースは本当に

 いたたまれない。

 

 僕自身は映画断ちしすぎたうえに

 個展前週より公開した”蜘蛛映画”を観に行くのを

 我慢してたのに、直前までつくってた

 テーブルランプの真鍮パーツの名は

 ”スパイダー”だし、作業中ミスったら

 アタマん中でhideの「ピンクスパイダー」の

「シッパイダー!」が鳴り響くし

 搬入の夜、宿のお風呂の天井には

 見たこともない大きな華奢な

 オレンジ色の蜘蛛がいるし

 (刺されて特殊能力、な妄想するのはお約束) 

 当日の朝のお墓まいりではもちろん

 蜘蛛の巣をはらいました。

 極めつけは初日に来たお客さんの高校生の息子が

 今そこで別れてそのものズバリ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を

 観に行ってると言われ、そこでもうはち切れた。

 そんな中、京都から戻ってすぐ追加の制作、

 納品やらその他あれやこれやとやっていたおかげで

 なんとなく情報量の多い映画は身体に入れたくなくて

 いまだに”スパイディー”、観に行けてない始末。

 

 前置きが長くなったけど、

 週始めに久々の映画は1本観た。

『さらば愛しきアウトロー』。

 84歳になるロバート・レッドフォードの

 俳優引退作。

 80年代に実在した老銀行強盗(人は傷つけない)の話、

 という以外そんなに前知識なく行ったので、

 強盗仲間にいい歳になった

 トム・ウェイツは出てるわ

 ダニー・グローヴァ―は出てるわで

 こんな共演ありか、と

 ニヤニヤが止まらないし、

 レッドフォードとシシー・スペイセクとの

 会話のシーンだけでもう芳醇すぎてたまらんかった。

 おそらくフィルム撮影されてるだろう映像は

 疲れを残した身体にやさしくしみいる感じで

 ありがたかった。

 本作の監督はレッドフォードが主宰してきた

 インディペンデント映画のための

 サンダンス映画祭出身のデヴィッド・ロウリー。

 今作もレッドフォードを追う刑事役で出演の

 ケイシー・アフレック主演の

『セインツ−約束の果て−』はまさに

『明日に向かって撃て』的な秀作だったし、

 一転ディズニーで撮った

『ピートと秘密の友達』にはそういえば

 レッドフォードが出てたよな。

 次世代への継承のようなものも、

 過去の自分の演じてきた映画への

 オマージュもちゃんとなされていて

 なんて豊かな俳優引退作だろう、と思った。

 そして監督業はまだまだするんだろうな。

 

 件のアメコミ好き高校生くんにはぜひ

『大統領の陰謀』を観て欲しい。

『キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー』で

 なぜレッドフォードがキャスティングされてたか

 わかると思うから。

 でも『エンドゲーム』にもまさかのカメオ出演で

 今思えば贅沢だったなあ。(ネタバレ)

 

 ちなみに宮迫がこのまま引退だなんて

 もちろん思わないけれど、

 ホークアイの吹き替えはもう

 やつじゃなきゃ納得がいかない。

 内閣総理大臣の陰謀を

 ふたたびローニンとなってこらしめに来る、

 というのもありだな。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ドメスティックマン

DSCF5064.JPG

 

 2年前につくらせていただいた

 北京、鈴木商店の小さなサイン。

 (制作時)

 

 

DSCF4639.JPG

 

 あわせてカフェのペンダントシェードも

 つくらせていただいているのだげど、

 いまだ足を運べていない腰の重い自分。

 現在展示会中の井山さんがインスタに

 載せてくださったのを見て、

 スイッチ付けたいなあとか、

 コンセントカバーつくってあげたいなあとか、

 展示も含めいつの日にか、

 と思いを馳せつつ

 今は目の前のことに邁進すべく。

 

 

 

 

 

 

 

notes
生きてます

DSCF8870.JPG

 

 個展がひとつ終わったけれど

 お察しのとおりこっからが

 地獄のデスロード。

 でも今回はこの地獄を楽しもうと思っている。

 

 とはいえ制作中なのは3年越しの別注案件。

 個展の渦にはじかれていたので制作再開。

 早朝から200×200世糧弔11枚仕込む。

 厚みはさまざま。

 ここから箱にしていく。

 3年前に思い描いていたものとは

 まったく仕様は違うが、さてうまくいくか?

 

 と、硬化後の夕方、パーツにけがいて

 カットに入ろうと思ったが

 この先の材料のストックが切れていた。

 個展で出し切ってしまったものが多くて

 うっかり在庫を未確認。

 これでは明日の早朝作業ができないので

 堀田のカインズホームへ買い出しついでに歩く。

 地下鉄5駅分の往復はウォーキングには

 ちょうどいい。

 個展の直前はかなり腰にもきていたのでね。

 ここからのひと月半を乗り切るには

 なるべく序盤に体力的貯金をつくっておかねば。

 

 あ、それから、

 個展前は20人くらい電話にでなかったり

 メール返さなかったりだったかもしれませんが、

 ごめんなさい。

 大事な要件には(たぶん)返してます。

 生きてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
ありがとうございました。

1261759.jpg

 ©ARTS & SCIENCE

 

 京都、HIN での展示は昨日で終了いたしました。

 会期中はたくさんの方にご覧いただき

 ありがとうございました。

 また、作品のお取り置きにご協力くださった

 みなさまにもお礼を申し上げます。

 

 実現まで長い時間を要してしまいましたが、

 その分、制作中ならびに会期中を通して

 得るところの多い展示だったように思います。

 至らなかったところは次への糧に。

 

 今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

notes
夏の記憶

DSCF8777.JPG

 

 夏の京都の記憶といえば

 小さいころのものばかり。

 人ごみで父親に肩車されての祇園祭。

 どこかの建物の屋上から見た大文字の送り火。

 でもいちばん覚えているのは、

 おばあちゃん家から歩いて近くの

 吉祥院天満宮の向かいの児童公園に

 あったちっちゃな子供用のプールで

 何度も遊んだことかなあ。

 いわゆるプール然としたコンクリにブルーに

 着色されたエポキシ樹脂防水。

 先日グーグルマップで画像を見たら

 もうなかったな。

 次回は天満宮にお参りがてら行ってみよう。

 

 そういえば京都滞在中の朝、HIN近くの

 河原町御池の交差点で信号待ちをしていると

 苔の匂いがぷーんと。

 ちょうど中央分離帯に設けられてる

 水の張られた噴水施設の水が抜かれてて、

 ジェット洗浄機やらデッキブラシで

 暑い中数人の作業員の方たちが大掃除中。

 思わず近づいて

 FRP防水かエポキシの塗り防水か

 チェックしてしまったのは完全に職業病。

 たぶん記憶の中の公園のプールと一緒。

 

 

DSCF8839.JPG

 

 HIN / Arts&Science , Nijodori Kyoto

 での展示、本日最終日です。

 

 この夏の記憶は京都の

 この展示になるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

notes
| 1/264 | >>