O邸 玄関灯

DSCF7692.JPG

 

 entrance light

 250×250×120

 

 今年前半に制作した

 岐阜・各務原の家具工房、

 RITON 大西さんのご自宅の玄関灯。

 設置後をまだ見れていなかったので

 本日再訪。

 

 自分がこれまで手を出してこなかった

 いわゆる抜き勾配じゃないかたちの一体成型。

 途中、大西さんが「デザイン」を

 授けてくれたおかげで

 かたちにすることに専念できました。

 取り付け台座はもちろんご自身によるもの。

 

 

DSCF7682 (4).JPG

 

 同じくご自身によるインターホンカバーも兼ねた

 ポストとのバランスも絶妙かと。

 ちょこんと載ってる小さな表札はまだ仮だそう。

 

 基本こういう仕事はメインじゃないので

 再三素人まるだしになるんだけど、

 潜在的にやってみたかったことを提示してくれて

 今年だいぶ身になったことのひとつ。

 いろいろ失敗もしてるんで

「やり直したい」と言ったら、

「これは渡しませんよ」と言ってくださって、

 実にありがたいこと。

 

 

 

 

 

 

 

around works
3者馬なり

DSCF7664.JPG

 

 sahan で昨日から始まった 「よつあし展」。

 昨日の初日、在店中の作家3人が

 持ち寄りの端材でつくるライブ制作を

 していると聞き終盤ではありましたが

 仕事の合間を縫って行ってきました。

 

 それぞれもちろん普段の作品も素敵なんだけど

 即興で出来上がった作品群ももっと見たい、

 そんな楽しい展示でした。

 それぞれの作家なりの

 持ち味やスピード感が出ていて。

 僕は石原さんがつくられたという即興作品の

 ひとつにとりわけ一目ぼれしたのだけど、

 なんと買えるのだと聞いて即、手を挙げた次第。

 

 僕にとっては「つくる」ってなんだろう、て

 あらためて感じさせるいい展示でした。

 うまく言えないけど。

 24日まで。

 

 

 展示会場に添えられてた富田さんのことばに

 こどものころから馬を描いてたとあったけど、

 言われてみれば僕もいちばん絵を描いた動物は

 間違いなく馬だな。

 別の理由で。

 

 

 

 

 

 

 

notes
体内事情ひきこもごも

 DSCF7657 (2).JPG

 

 

 いただきもののそれぞれ産地の違うりんごがバブル。

 

 一昨日、隣のスーパーのお姉さんにレジで

「あっ、ビールが無い」と言われてしまった。

 明日健康診断なんで、と返しつつ

 そんなにいつも買ってるかなあ、

 とここのところの食生活を振り返る。

 

 さて、昨日の結果だが、

 X線の画像を見るかぎり気管支も肺も

 今年もとってもきれいだそうだ。

 うーん、ひとの身体ってほんとに不思議だ。

 あれだけ吸ってる樹脂の削り粉やらは

 自分の体内でいったいどう処理されているのだろう。

 

 敬愛する映画監督の故・市川昆さんは超のつく

 ヘビースモーカーだったが、

 92歳で亡くなる2年前には

『犬神家の一族』をセルフリメイクするなど

 十二分にご長寿でいらっしゃった。

 ただ、僕は好き好んで樹脂の臭いを嗅いだり

 削り粉を吸ってるわけじゃあないのだが…

 

 ということで、この咳はやはり胃酸の逆流、

 の公算が大になってきている。

 経過観察の咳止めがまったく効いていないので

 来週あたりまた病院に行くことになりそうだ。

 

 今晩は胃にやさしい食事にしよう。

 りんごたっぷりのサラダとか。

 

 いちばん下のは6年前のこの時期に

 プリプリの再結成コンサートを観に

 東京へ行った際に買ったクロヌマタカトシさんの

 懐かしいりんご。

 

 

 

 

 

 

 

notes
cafe モリトネ

DSCF7636.JPG

 

 昨年夏、オープンされた愛知県西尾市の

 art gallery SightS  をようやく訪れることができました。

 そのときは個展の狭間でオープニングにも

 伺えずでしたが、気さくなオーナーに迎えていただき

 楽しく過ごさせていただきました。

 あいにくの空模様も

 聞いていたとおり海に臨む素敵なロケーション。

 

 

DSCF7626.JPG

 

 ディレクションは gallery NAO MASAKI

 (前 gallery feel art zero)の正木さん 。

 空間設計をやまほんの山本さんがなさってます。

 僕は2Fの cafe モリトネ用に

 ペンダントシェードを2つつくらせて

 いただいただけなんですが、

 大事な場所に使っていただいて

 しっかりと存在感を放っており

 ほっと胸をなでおろしました。

 

 

 

 

 

 

 

around works
12月

DSCF7593.JPG

 

 先月の灯しびとで作品のお取り置きに

 ご協力してくださったお客様で

 いまだ発送できていない方におかれましては

 つくりかけで間に合わなかった3点限定で

 例外的に注文をお受けした某作品分が、

 今週中には出来そうなので

 合わせてお送りしたいと思います。

 いましばらくお待ちくださいませ。

 

 修理をお預かりしているみなさまにも

 なるべく年内にお届けしたいと思っております。

 いまだアトリエ7割復旧ではありますが、

 あらゆるモノが紛失、破損していく

 富士の樹海的危険な状態は

 なんとか脱出したかなあと。

 多くが2、3年越しになってしまって

 本当にすいません。

 

 それから数件の長期お待たせ案件にも

 再トライさせていただきます。

 一連の展示での制作が技術と発想の向上に

 つながっていることを祈るばかりです。

 何卒よろしくお願いします。

 

 先週、結局行きそびれた健康診断にも。

 昨日友人に指摘されたように確かに

 10月後半から妙な咳が止まっていない。

 気管支あたりをちゃんと調べてもらいます。

 いちおう元サッカー部の、

 元祖ガラスのエースは僕です。

 (そんときは貧血だけど)

 今月は引っ越しも。

 ちゃんと出来るかな。

 

 なお、来年の展示の予定は

 おいおいお知らせしていきますが、

 まずは

 1月終盤に名古屋での企画展に参加します。

 22日(火)‐27(日)の予定です。

 詳細はまたお知らせします。

 

 

 今年もあと一か月、

 がんばってのりきりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

calendar
| 1/236 | >>