稀な即興

DSCF8519.JPG

 

 昨晩、長年お世話になっている

 K夫人の還暦(とても見えない)を

 ささやかながらお祝いする会があったのだが、

 何をプレゼントすべきか決まらぬまま当日昼過ぎ。

 まさかのウルトラCで

 棗(なつめ)のような小さなふた物ができた。

 樹脂の注型とひたすら削り出し、

 (いささかリューターは酷使したけれど)

 ノンFRPだから間に合った。

 自分としては極めて稀な即興。

 

 いろんな案件をば長期的に詰め込み過ぎてて

 頭ん中ががちがちになってたけど

 ちょっと風通しがよくなった。

 

 

 

 

 

 

 

works
ミナミの立体看板

DSCF8515.JPG

 

 天気がいいと早朝張りこみ作業も捗る。

 昨日張り終えたシェードを型から外し

 順に内面を塗り重ねる。

 一昨日重ね塗りしておいたものは

 バリ削り等のサンディング

 及びペーパー作業。

 ようやく流れができつつある。

 

 

 昨日銭湯のサウナのテレビで

「ブラタモリ」を観てたら

 ミナミの派手なFRP製の立体看板群の

 ルーツがわかってなるほどと感嘆した。

 

 あの辺一帯は、

 (※ 当ブログ2014.1.21の

「FRPのこと その2(大阪)」の記事参照)

 江戸時代、何とか座などの

 大きな芝居小屋がたくさんあった場所で、

 その軒先には宣伝用の人形看板があって

 その名残だというのだ。

 んー、納得。

 

 番組は面白いものは「へり」から生まれる、

 的に締めていて、

 それはまあ立地のことなんだけど

 立場的なことで言えば

 工芸でも、美術でも、工業でも、

 自分もどこにいてもへりでしかないので、

 まあ、いまの立場でへろへろになりながら

 やってるのもそれなりに苦労はあるけれど、

 面白いのかもしれなと、

 すっかりのぼせたあと水風呂に浸かりながら

 ぼんやりと考えていたら

 久しぶりにジェレミー・レナ―

 (に似てるお兄ちゃん:少しずんぐり)を見た。

 

 

 かーめーはーめー…

 

 

 

 

 

 

 

notes
援護射撃

DSCF8509.JPG

 

 一昨日は夕方少し早目に仕事を切り上げ

 豊田の ふくなり へ。

 

 次回個展に向けていくつかランプの台座を

 つくっていただけることに。

 放っておくと延々ひとり泥沼に

 はまっていくのでこうして

 (実用的な)急かしをかけてくれて、

 ああだこうだと意見を出し合える

 時間はありがたい。

 すでに遅れに遅れている制作の中、

 援護射撃、本当に助かります。

 

 ふくなり、今日から3日間、

 5月のショールームオープン日です。

 

 出てきた余剰アイデアは、

 来年以降何かのかたちで実現できれば。

 それもまた楽しそう。

 

 

 今日は制作に買い出しにと隙間ないのだけど、

 名古屋の佐藤貢さんや、百草の黒畑さんのや、

 やまほんの三谷さんと観たい展示が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
5月の松本

DSCF4374.JPG

 

 ひやあ、もうこの時期かと

 ここのところ思ってるからか

 今朝クラフトフェアに出展してる夢を見て

 目を覚ます。

 

 8年前のオープン時の10cm の看板。

 先日、だいぶ黄色くなったねえと

 スタッフの方と先月お話していたので。

 これは8年前のオープン時。

 壁からの金具と本体とを繋ぐ部品は

 当時、金森正起さんがつくってくれました。

 金森さん来週末の10cmでの展示

「無地」に出品されます。

 

 僕はクラフトフェアはこの12年で

 2度目のお休みだけど、

 出展者名簿を見てたら

 その他の素材のところに

 子育てでお休みしていた竹の沖原さんの名前が!

 上田さんとご夫婦出展。

 馴染みの面々の名前を見ると

 やっぱり出たかったなあとなる。

 あと上治くんは財布を落とさないように

 祈ってます。

 

 六九ストリートもクラフトフェアも、

 来週末はぜひ松本へおでかけください。

 奇跡的にいろんな仕事終えられれば

 まだ行けるな。

 

 

 

 

 

 

 

notes
引き締まる

DSCF8495.JPG

 

 再び壁付の玄関灯。

 今回はサイズもデザインも微妙に異なるのですが

 台座は昨年、このタイプの玄関灯を

 提案してくださり、デザインし、

 ご自宅に使ってくださった

 岐阜の RITON 大西さんが引き続き

 つくってくれました。

 

 実質的に目に見える部分は

 ほんの数ミリなのだけど、

 しっかり木の存在感。

 見えないところまでちゃんと

 丁寧につくってくださって

 こちらももうちょっと

 上手にならねばと身の引き締まる思い。

 

 設置がとても楽しみです。

 

 

 個展ベースに制作していると

 看板だったり、こういう別注仕事は

 まとまった時間がとれなくて

 なかなかたいへんなんだけど、

 今回もとても勉強に。  

 

 

 

 

 

 

 

making
| 1/253 | >>