途中休場にならぬよう

DSCF5793 - コピー - コピー.JPG

 

 例年なら何かしらの希望を持って

 無謀ながらもそれなりにこの1年

 ここをこうしようああしようというところから

 始めるのだけれど、昨年の、

 というかおそらくはここ2年ほどの疲労が

 心身ともにどっぷり出ている感じで

 なかなか思うように制作が進まずの年初め。

 明日締め切りのクラフトフェアまつもとの

 応募も直前諦めかけたくらいだから

 よろしくない。(ぎりぎり送りました)

 昨年怠ったメディカルチェックをしつつ

 なんとか態勢を立て直そうとしております。

 いろいろとご迷惑をおかけしておりますが

 よろしくお願いします。

 また年明けよりメール等、

 たくさんのお問い合わせいただいておりますが、

 まだまだ今年の流れが出来ないのに伴い

 お返事するのに時間がかかっております。

 ご容赦くださいませ。

 

 こんなときはついつい出不精になりがちでは

 あるけれど、「定例刺激」たる

 若松由香さんの展示だけはと名古屋のフェイバーへ。

 今年も由香さんの椅子敷きとここの家具と空間とで

 素敵な展示になっておりました。

 個人的には由香さんの展示は

 ここがいちばん好きかな。

 わたくし今回出遅れたので

 会期あと2日にはなってしまいましたが

 ぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

notes
1月

DSCF3417.JPG

 

 寒中お見舞い申し上げます。

 

 

 昨年までの振り返り制作中。

 さかのぼること4年以上前から前々回、

 前回展示分まで。

 

 

 

 

 

 

 

calendar
本年の制作終えます。

 DSCF5725.JPG

 

 本日少しだけ手を動かしたものの

 掃除と片付けに移行。

 年内に作品を完成、お届けできなかったみなさま

 本当に申し訳ありません。

 年明け1月はしっかり時間をとっておりますので

 いましばらくお待ちくださいますよう

 何卒よろしくお願いします。

 

 またそれに伴い来年最初に予定しておりました

 関西での展示は延期させていただくこととなりました。

 毎回個展に足を運んでくださりつつも

 ちゃんとこちらの状況を酌んでくださり

 本当にありがたく思います。

 今回もそうでしたが

 あらためて自分にとっての個展というのは

 作家とギャラリーやお店とが一緒になって

 つくりあげていくものだなと実感します。

 再度仕切りなおして先々よりよい展示ができるよう

 がんばりたいと思います。

 

 来年の展示予定などはひと段落つき次第

 おってお知らせしたいと思います。

 

 今年も1年間ありがとうございました。

 みなさまもよいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ありがとうございました。

DSCF5677.JPG

 

 カミヤベーカリーでの

『フィリップ・ベーカー・ホール』ナカオタカシ展

 終了しました。

 

 あえて大げさな言い方をすれば、

 会期が始まってからつくり出すような、

 そんな展示になってしまいました。

 長めの会期中、それこそ最終日の朝まで

 なにかつくっているという有り様でした。

 にもかかわらず

 たくさんの方に足を運んでいただいて

 申し訳ないやら嬉しいやら。

 本当にありがとうございました。

 

 カミヤさんには10年ほど前、

 ほぼ平面作品だけの個展を観てくださったのが

 きっかけで

 いまのお店の看板をつくらせていただきました。

 今回の在店中、常連のお客様が今年最後の

 パンを買いに来て、

「1年間美味しいパンをありがとうございます」

 とご挨拶されるのを傍らで眺めながら

 度々心地よい時間を過ごさせていただきました。

 またいつの日か、今度はスタートを決めて。

 

 

 年内は明日またブログ更新します。

 

 

 

 

 

 

 

notes
Hole / Philip Baker Hole menu 8

DSCF5699.JPG

 

 蔡明亮(ツァィ・ミンリャン)監督の

 台湾映画『Hole-洞』。

 男の住む公共アパートの部屋の床に

 工事業者がぶち抜いた穴を残していく。

 階下には普段すれ違うだけの女性。

 降りしきる雨。

 水漏れする部屋。

 巷にはなぞのウイルスが蔓延。

 静かに淡々と流れる灰色の時間軸に挿入される

 50年代香港歌謡の歌姫

 グレース・チャンの曲に合わせたカラフルな

 ミュージカルシーンがふたりの心の動きを表す。

 20代の半ば今は無き名古屋の

 ゴールド劇場で(シルバーの方かな)

 このへんな映画を観て病みつきになり

 切なくもどこか幸福感のあるラストシーンが

 好きでその後何度となく繰り返し観てしまった。

 

 

 

 

 

 

 

Philip Baker Hole
| 1/195 | >>