得意分野

DSCF6119.JPG

 

 スチロールカッターに

 ブロケードカッター。

 それから円柱の発砲スチロール。

 某案件用の原型づくりに。

 が、ここから進まず足踏みしていたところを

 ちょっと助け舟を出してプッシュしてくれた。

 つくり手からの依頼のここがありがたいところ。

 

 が、いっそプロに(発砲スチロールの)

 相談したところ、

「そんなん手作業じゃ絶対無理だわ」

 と笑われてしまったので

 結局外注に出すことにした。

 またもや作り手の余計なプライドが

 邪魔をしてしまった…

 得意のことをやります。

 

 

 

 

 

 

 

making
ラベンダーじゃないから

DSCF6231.JPG

 

 すっかり自転車が気持ちいい気候になった。

 アトリエから家にかけてのルートは

 八重桜の花びらが舞い散りハナミズキが満開。

 それから家の近所の大きなお宅の

 数十メートル続くつつじの生垣の前を通り過ぎたら

 甘い香りがぷうーんとして

 思わずひきかえして2度通ってしまった。

 

 どうもこないだの調子の悪さは寒さが戻ったことと

 連動してるようで、また上向き。

 まわりに寒い時期がだめだという女の人が

 けっこう多い気がして、

 自分はそんなのとは無縁だと思っていたけれど

 みんなたいへんな思いをしてるんだね。

 いや、根拠はないんだけれど。

 

 そうこうしているうちに

 今年は猛暑だといわれている暑い夏がやってくる

 だろうから、

 それはそれでまた去年のようなことに

 ならないようにしないとなあ。

 みなさんも体調にはくれぐれもお気をつけを。

 

 そういえば、2、3日前に

 今年もまたクラフトフェアまつもとに

 テントを忘れた夢を見たのを白いつつじを見て

 思い出した。

 最近物忘れがやたら激しいのだけど

 未来人が来て記憶のねつ造とかされてないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

notes
着地

DSCF6226.JPG

 

 久しぶりにものが完成するとほっとする。

 とは言ってもつくったのは

 シェードだけ(と若干の付属品)ではあるのだが。

 

 台座に合わせていくために

 必然的に骨の部分もFRPになったのだけど

 うまくいった。

 案そのものは思い至ってから13年、

 今回の件できっかけをもらってからは

 数年かかったのでけっこう寝かせたなあ…

 現段階でようやく預かったものの1/3個を

 昨日納品出来たにすぎないのだけど、

 いやひとまずは大きな一歩。

 長年の悶々のわりに、

 すっきりシンプルなのもそれはそれでまたいい。

 

 いつかまとまってお見せできる機会を

 もてたらなおいい。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ボーン・アイデンティティー

 

 

 ※ マット・デイモン主演の同名映画とは

   関係ありません。

 

 ほんとは金属の加工も出来たら

 鬼に金棒(文字通り)ではある。

 前にも書いたけど

 昔個展の搬入前日に溶接をやっていて

 目を焼いてしまって、以来おっかなくて

 苦手意識。

 つい先日そのとき自作したシェードの骨を

 使った作品を人に見せてもらって(15年前!)

 下手すぎて笑った。

 

 今回はものが大きく

 金属との取り合い部分にいささか

 不安なところもあるので

 骨の部分もFRPでトライ。

 つまりフルFRP。

 

 結局苦手を排除していくと

 本当にやれることだけが残っていって

 不器用で手間がかかって非効率的で

 ある意味いびつにして異物なんだけど

 それはそれでアイデンティティーに

 なりうるというか…

 

 最低限だれもやってないものを

 つくりたいというのはある。

 むしろそれしかない。

 自分の場合。

 

 のたれ死んだらそれまでよ。

 

 

 

 

 

 

 

making
マスクいらず

DSCF6216.JPG

 

 体調の不具合を言うと

 扱っている素材が素材なのでみなさん

「ついにきたか」と心配してくださるのだけど

 樹脂を扱っていることによる

 健康被害はいまのところまったくなく

 毎年これにひっかかったら大手を振って

 やめてやろうとひそかに期待している

 肺は今年もとってもきれいだったり、

 がん検診も前立腺まで追加して

 診てもらったがまったく問題なかった。

 おかげさまで。

 

 ところが今日も研磨三昧の途中で

 めまいがしたり息切れしたりと

 1週間くらい前からまたぶり返し気味。

 体力的には問題ないはずなのではあるが。

 だけど結局仕事が進まないのがいちばんの

 ストレスなので長くアトリエにいて

 やりいいときにやりいい作業を進める

 いまのやり方がいちばんいい。

 友人たちもわりとほっといてくれるので

 とてもありがたい。

 

 というわけで来月のクラフトフェアには

 どれくらいの作品をもっていけるかは

 まったくわからないのだけど

 今後どうするかのひとつの指針にするつもり。

    

 

 稀に花粉症になる年もあるのだけど

 今年は大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

making
| 1/207 | >>