浮気がばれた

DSCF7825.JPG

 

 年末から続くどたばたでメールは返さないし、

 電話はでないし、てな状況が続いていて

 たくさんの方にご迷惑おかけしてるかもしれませんが

 ほんとうに社会性がなくてすいません。

 なのにブログだけは更新してるなんて

 思われたくなくて、

 書くことをついついおろそかにしてると

 どうも制作の進みが悪い。

 

 そもそもブログのいちばんの目的は

 作業日報でもあったはずであり、

 実作と、駄文を書くという

 このルーティンがないと

 やっぱりリズムにのれないらしい。

 

 年末にいろんなものが壊れた。

 1.アトリエのトイレが詰って

 しつこく水を流し続けたら

 う○こが手洗いのパイプから逆流して…

 これはさすがに去年のうちに即対処した。

 2.アトリエにて自分のサインが

 点灯しなくなってしまっていまだ放置。

 供用の建物で所在を告げるものなので

 早く直さねば。

 3.愛車(自転車)のシルバー号が

 乗れなくなった。

 ※自転車には代々、シルバー号を襲名している。

 

 で昨日、近所の自転車屋のおっちゃんに

 見せにいったらあっさり直してくれたのだが、

 後ろのタイヤを某チェーン店で替えたのが

 ばれてしまった。

 そもそも6年前にタクシーにはねられて

 歪んだタイヤのスポークを調整して

 再び乗れるように直してくれたのは

 おっちゃんなだったのに、

 その恩義を忘れてつい浮気してしまった。

 言い訳するわけではないのだが

 チェーン店には軒先に電動の空気入れが

 置いてあり、(おっちゃんとこのは手動)

 楽チンなのでそこを利用してたら

 店員さんが出てきてタイヤの劣化を指摘され、

 まあ、これも企業努力かと思い、

 一昨年くらいかな、そこで交換してしまったのだ。

 

 でもおっちゃんもすかさず

 今度は前タイヤの劣化を指摘し、

 速攻で注文をかけていた。

「もっとかわいがってあげて」と

 お叱りも受けた。

 思えばここんところ

 ろくすっぽ手入れをしてあげられていない。

 チェーン店はこういうことは言ってくれないな。

 

 さて肝心の自分の身体の手入れだが

 年末にもらった胃酸を抑える薬がいっこうに

 効かないので、2月になったら十何年ぶりかで

 胃カメラを飲むことにした。

 健康診断の方もかなりいろんなところで

 ひっかかってしまったので

 こりゃ相当ガタがきてるなと実感。

 この機会にちゃんとしておこうと思う。

 

 お風呂に入ることは

 今年はわりとちゃんと続けている。

 今日もこれからひとっ風呂浴びてくるぜ。 

 

 

 

 

 

 

 

notes
あけましておめでとうございます。

DSCF7806.JPG

 

 元日に新品のサーフェイスマットを開けて

 裁断を始めたら静電気のすごいこと。

 

 今年も、どケミカルで

 やっかいな素材たちを使っての

 不確実きわまりない制作を、

 懲りずにやっていきます。

 できるところまで。

 

 まずは今月22日から→×

 (申し訳ありませんが25日からに変更となりました。)

 気のおけない仲間たちとの

 名古屋での展示からスタートです。

 詳細はまた近々。

 時間がないぞ。

 

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

notes
2018、終わらない

DSCF7723.JPG

 

 20代半ばから毎年その年観た映画の

 点数を記録して年末には順位をつけることを

 しているのだけど、

 たまにはベスト10を公表してみようかな。

 たぶんこのままエンドレスに仕事をしながら

 年を越しそうなので。

 

 1位  スリー・ビルボード

 2位  フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

 3位  ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

 4位  デトロイト

 5位  ボヘミアン・ラプソディ

 6位  1987、ある闘いの真実

 7位  レディ・プレイヤー1

 8位  来る

 9位  勝手にふるえてろ

 10位 ラッキー

 

 ※ 続編ものは外しています。

  (ボーダーラインだけ例外)

    

 年々映画館に足を運ぶ機会が減っていて

 観ていないのがたくさんあるので、

 観てるもの=好きなもの

 に偏ってしまいがち。

 うーん、けっこうバイオレント。

 

『スリー・ビルボード』はもう5馬身くらいの圧勝。

 2位と10位はピンポイントな号泣地点での

 瞬間最高涙腺決壊度合いがすごかった。

『デトロイト』はアカデミー賞からは無視されたけど

 ずっと基準になる3位だった。

 あんなに長時間緊張感と苦しみを味わった映画はない。

 終盤それを越えたのが『ボーダーライン』。

 ベニシオ・デルトロぢからを再認。

 1987は1987年ってほんとついこのあいだだよねって、

 韓国って国をあらためて知る機会になりつつ

 しっかりエンターテイメントになっててこれも号泣。

 7位は「おれはガンダムでいくぜ!」

 8位は何と言っても松たか子。

 ファブリーズは除霊にも効く。

 9位の松岡茉優はチーム力の『万引き家族』より

 単独力のこちらをとったのと、

 続編で外した『ちはやふる 結び』もあるから。

『ボヘミアン・ラプソディ』はライブ・エイドの

 2曲の間引き方の上手さがすべてを物語っている。

 面白い伝記映画のつくり方のある意味教科書。

 

 来年はちゃんと仕事をまわして映画ももっと観たい。

 活力になるから。

 

 

 ちなみに今年買った工芸系のものの中での

 いちばんは上治良充さんの皮のこれ。

 松本で私物を売ってもらったのだけど。


 それから先日の只木くんのインスタの

 女優当てクイズは

 佳那晃子なんじゃないかと思ったのだが

 出張中でずっと運転中だったうえに

 インスタにも慣れていないので残念。

『魔界転生』の細川ガラシャのひとなんだけど。

 

 あれ、ほんとに今年終わるのかな。

 ともあれみなさんよいお年を。

 

 

 

 

 

 

 

notes
半分説

DSCF7764 (3).JPG

 

 昨日は年内営業も翌日までという喫茶クロカワへ。

 看板をつくらせていただいたなかでは

 うちのアトリエからいちばん近い飲食店でもあり

 仕事あがりにふらりと出向いて

 シャンディガフやコーヒー泡盛をひっかけて帰る、

 というのが理想なのだが、

 (自慢のコーヒーじゃなくてごめんなさい)

 今年はなかなかその余裕がなかったね。

 

 今年前半、クロカワさんに

「もうオープンして2年になる?」という

 たいへん失礼な発言をしてしまった

 時間感覚がとち狂っている自分。

 来年で5周年です。

 

 実はトイレと焙煎室にも、もともとついていた

 蛍光管用のカバーシェードをつくっているのだが、

 もうあれって製造中止になるとかで

 取り外した焙煎室のカバーを見せてくれたのだけど、

 いい感じにコーヒーの色が着いてて

 すっかり味が出ておりました。

 自分しか入らない場所なのにこだわって

 つくらせてくれて、あらためて

 ありがたいなあと。

 

 年内営業を終えられたみなさん、

 今年も1年おつかれさまでした。

 まだのみなさん、あとひと踏ん張り

 がんばりましょう。

 時間感覚のおかしい自分は、

 まだ間に合えば明日も発送しようとしております。

 もちろん年末、年始もエンドレスで仕事します。

 今日はできるだけのゴミを

 なんとか産廃屋さんに持って行ったのだけど、

 予定の半分がいいとこだった。

 

 だいたい一般の半分くらい足らない自分。

 だから4年を2年と言ってしまうんだな。

 

 この看板も設計はクロカワさん自身によるもの。

 鉄枠もロゴも手配して用意してくれたもので

 僕は半分にも満たない仕事量なんだけど、

 そのくらいが理に適っているのかもしれない。

 昨日このときなぜぎりぎりなりにも

 オープンに間に合ったのか、

 という話をしていたので

 あらためてふとそう思った。

  

 

 

 

 

 

 

notes
年末、不始末案件多数につき

DSCF7742.JPG

 

 先日の岐阜行きは、制作の合間を縫って

 滞在2時間ほどだったのだけど

 ペルチカの縦付け看板が今年の台風にも

 大丈夫だったのを確認出来たし、

 (停電したらしい)

 pand に寄ったところ

 うまくお互いがスケジュールを詰めることができたら

 来年10年待たせてしまった

 2度目の個展が実現するか?など

 わりといいタイミングで行けたのかなと。

 ミツバチ食堂でも混んでる中、久しぶりに

 シェードのついてる1階席に座れたし。

 

 とにかく年末の追い込みもむなしく

 多数の案件持越し必至という状況なので

 来年最初の個展の延期のお願いと再調整の

 打ち合わせやらを兼ねて明日から関西へ。

 とにかくいろいろ終えた状態で臨みたいので。

 

 ここ数日また風呂に入らない状態が続いてたのだが

 昨日久しぶりに近所の川澄湯へ行ったら

 普段は泡風呂(2人用)の浴槽にゆずの袋が浸っててて、

 のんびりぼけーっと浸かったのでリフレッシュ。

 帰ってこれ書いてる途中で寝てしまった。

 今日も早朝から宅急便の時間まで、

 やれるだけがんばります。

 

 

 

 

 

 

 

notes
冬にそなえる

DSCF7708.JPG

 

 カミヤベーカリーで今やってる展示での

 悠さんのろうそくと

 前回の展示での真理さんのマフラー。

 

 ちょうど去年の今ごろは

 僕がカミヤさんでの展示中だったのだけど

 その後の1年間はほんっとに

 何もできないままあっという間に

 過ぎてしまった感じで、

 お待たせしているみなさまには

 ほんとうに申し訳ないかぎりです。

 とにかくこの年末から年明けへの

 橋渡しだけは昨年の轍を踏まぬよう

 この冬はあったかくして

 体調維持に努める所存。

 

 最近代謝をよくするために

 サウナ目的で少し遠くの大きい銭湯、

 宮の湯に回数券を買って通いつめていたので

 先日久しぶりに近所のちっちゃな銭湯、

 川澄湯に行ったらなんかホーム感があって

 妙に落ち着いた。

 洗い場で隣合わせた「寂聴」

 (瀬戸内寂聴にそっくりなおじいさん)が

 持参の食器洗いのスポンジで

 丁寧にマイシャンプーのボトルやら

 ついでに銭湯のケロリンの黄色い

 プラスチックの洗面器まで丁寧に磨いていたのが

 妙に愛らしかった。

 

 ここのところ私用や片づけやらなんやらと

 中断したりでなかなか集中して

 制作できていなかったけれど、

 自宅の引っ越しも少し先に延びたので

 今年も残りわずかながら、

 明日からまたフルタイム制作再開します。

 

 

 

 

 

 

 

notes
どん詰まり管

DSCF7707.JPG

 

 ひと月前の灯しびとを終えたあと、

 これをしてあれをしてと

 年内のうちに全部リセットするぞと

 イメージしていたスケジュールを

 なかなかうまくまわせずに

 ずるずるっと遅れております。

 発送案件も遅れており、

 たいへんすいません。

 

 まともに寝ております。

 ちゃんと寝てるといろいろ間に合いません。

 わりとちゃんと食べて

 それから適度に運動して

 お風呂もちゃんと入っております。

 おかげで髭の不毛地帯にも

 ちゃんと毛が生えてきた。

 でもそんなことしてるとほんとに

 いろいろ間に合いません。

 困ったもんだ。

 

 一昨日大慌てでアトリエの(一部だけど)

 掃除をしなきゃならない状況下で

 掃除機がぜんぜん吸わなくなってしまった。

 10年以上使ってるからかな?などと

 あきらめかけたのだけど、腰を据えて

 先端部分を分解してバラしたら

「へ」の字になってて吸い口からは見えない

 ホースの始まりからほんの15センチほどの

 部分にものすごく大量のごみが詰まっていた。

 これが見事に固まりになっていた。

 

 で、諸悪の根源はちょうどホースの直径くらいの

 長さの細い真鍮の丸棒がひっかかっていて

 そこを支点に時間をかけてちょっとずつ

 いろんなものがひっかかっていき最終的に

 どん詰まりになっていったようだと判明。

 吸ってるものの雑多感も

 ガラス繊維はじめなかなかのもの。

 

 ちょうど今の自分がこんな感じ。

 でも根本はきっと単純に違いない。

 

 

 

 

 

 

 

notes
3者馬なり

DSCF7664.JPG

 

 sahan で昨日から始まった 「よつあし展」。

 昨日の初日、在店中の作家3人が

 持ち寄りの端材でつくるライブ制作を

 していると聞き終盤ではありましたが

 仕事の合間を縫って行ってきました。

 

 それぞれもちろん普段の作品も素敵なんだけど

 即興で出来上がった作品群ももっと見たい、

 そんな楽しい展示でした。

 それぞれの作家なりの

 持ち味やスピード感が出ていて。

 僕は石原さんがつくられたという即興作品の

 ひとつにとりわけ一目ぼれしたのだけど、

 なんと買えるのだと聞いて即、手を挙げた次第。

 

 僕にとっては「つくる」ってなんだろう、て

 あらためて感じさせるいい展示でした。

 うまく言えないけど。

 24日まで。

 

 

 展示会場に添えられてた富田さんのことばに

 こどものころから馬を描いてたとあったけど、

 言われてみれば僕もいちばん絵を描いた動物は

 間違いなく馬だな。

 別の理由で。

 

 

 

 

 

 

 

notes
体内事情ひきこもごも

 DSCF7657 (2).JPG

 

 

 いただきもののそれぞれ産地の違うりんごがバブル。

 

 一昨日、隣のスーパーのお姉さんにレジで

「あっ、ビールが無い」と言われてしまった。

 明日健康診断なんで、と返しつつ

 そんなにいつも買ってるかなあ、

 とここのところの食生活を振り返る。

 

 さて、昨日の結果だが、

 X線の画像を見るかぎり気管支も肺も

 今年もとってもきれいだそうだ。

 うーん、ひとの身体ってほんとに不思議だ。

 あれだけ吸ってる樹脂の削り粉やらは

 自分の体内でいったいどう処理されているのだろう。

 

 敬愛する映画監督の故・市川昆さんは超のつく

 ヘビースモーカーだったが、

 92歳で亡くなる2年前には

『犬神家の一族』をセルフリメイクするなど

 十二分にご長寿でいらっしゃった。

 ただ、僕は好き好んで樹脂の臭いを嗅いだり

 削り粉を吸ってるわけじゃあないのだが…

 

 ということで、この咳はやはり胃酸の逆流、

 の公算が大になってきている。

 経過観察の咳止めがまったく効いていないので

 来週あたりまた病院に行くことになりそうだ。

 

 今晩は胃にやさしい食事にしよう。

 りんごたっぷりのサラダとか。

 

 いちばん下のは6年前のこの時期に

 プリプリの再結成コンサートを観に

 東京へ行った際に買ったクロヌマタカトシさんの

 懐かしいりんご。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ロッキーのおかげ

DSCF7552.JPG

 

 来年1月の『クリード 炎の宿敵』の公開が

 待ちきれなくて何かとこの

『ロッキー4 炎の友情』のサントラを

 ひっぱり出してきて聴いている。

 前にも書いたけど

『Heat On Fire』1曲で仕事のスイッチが入るのだが

 片づけやらなんやらもいまだ並行してて

 フルタイム制作はできていないのだけどね。

 

『クリード チャンプを継ぐ男』を

 観てない方のために説明しておくと

 今はロッキーのライバルだった

 アポロ(・クリード)の息子が主人公なんですよ。

 で、今度はなんとアポロを死に追いやった

 ドラゴの息子が立ちはだかるというね。

 ああ、もう我慢できない。

 

 とにかく今のこのたるみきった肉体では

 この映画は観ちゃいけない気がして

 この夏から延々続いた1日14、5時間労働を理由に

 さぼっていたウォーキングを先週から再開した次第。

 もちろん去年の冬からの体調不良の

 二の舞を避ける意味も大。

 まずは身体から。

 いや、それにしてもこんな年になって

 いまだにスタローンの恩恵に預かるなんてね

 中坊だった自分は夢にも思わなかったよね。

 

 

 

 

 

 

 

notes
| 1/47 | >>