はぐれグラスファイバー

DSCF7447.JPG

 

 灯しびとの2日目の朝、

 ガラスの森谷くんがやって来て

「ナカオさん、昨日いなかったじゃないですか!」

 そうだった、5月の松本で堺出してね、

 夜飲もうねって約束したんだった。

 ごめんね。

 あれほど再三徹夜で行かないって自分に警告

 する意味でここにも書いてたのに直前の

 2、3日の不眠ワークのおかげで

 1日目が終わって宿にもどってさあ交流会に

 出かけるぞ、飲むぞ、とシャワーを浴びた

 ところまでは覚えているのだけど、

 目が覚めたら22:00でして、

 ベッドに倒れ込むように全裸でうつぶせだったよ。

 試しに会場行ったけどもちろんもぬけのからでした。

 そして気づいたらほぼ誰の電話番号も知らない!

 意外とはぐれがらすな自分。

 そんな森谷くんも風邪?で声出てなくって

 オカマちゃんみたいになってたけどね。

 

 持ち帰って3日なのに早くも大活躍の八角皿。

 

 

DSCF7453.JPG

 

 木工の(たぶん本人この呼び方嫌いなはず)

 只木くんは1日目の晩、宿でやり残しの

 仕事をやるって言ってて2日目の朝、

「出来た」って晴れやかに言ってた。

 おれは持ってきてたけど出来なかったよ…

 彼は群れない。

 交流会も出ない。

 そこがいい。

 でも

「おれ、松本の某ホテルの外壁の電源ひっぱって

 電動ドリル使って仕上げたことあるよ」

 て言ったら

「それはないなあ…」

 勝った、ってなぜか張り合ってしまう。

 ちなみに非常階段で。

 

 そうそう、只木くんにした

「同期だと思ってた」発言を実証しようと

 彼のブログを鋭意調査したところ、

 我々が居合わせた松本、堺、

 高松(2回で終わった瀬戸内生活工芸祭)での

 クラフトフェア初出展年がそれぞれ以下のとおり。

 松本:只木 2012年 ナカオ 2008年

 堺 :只木 2012年 ナカオ 2011年

 高松:只木 2012年 ナカオ 2012年

 まあ、松本はたしかに少し先輩かもしれんけど…

 というか、2012年のこの3つ全部に出してたのって

 他ではたぶん今回の記念作家級のひとたちばかり

 じゃないかな。

 ほらね。

 

 

 それにしてもぎりぎりまでつくってたことを話したら

 某ベテラン作家が「青春だなあ」と。

 そうか、ベテラン勢はそんなことしてないのか!

 どちらかというと若い作家に親近感を覚えてしまうのは

 精神的にベテランになれていないからなんだなきっと。

 これを素材のせいにしてはいけないのかな。

 

 46歳は今週、事後処理と片付けをしながら休むぞ。

 

 

 

 

 

 

 

notes
関西(おとな)女子

DSCF7442.JPG

 

 先日の10周年展の3回の展示と、

 灯しびとの集いでは出展のお手伝いしていただき

 すっかりお世話になった西宮の nico さんが

 昨日から六甲アイランドのパン屋さんで

 限定ショップを出されています。

 

 同じく一昨年の出展に続きお手伝いいただいた

 edge さんと、関西女子お二人に

 助けていただかなければ

 1日目はとてもとてもまわせなかったです。

 というか始められなかったと思う。

 いつもいつも丸投げになってしまうので、

 もっと叱られるかとM男な自分が

 そわそわしていたのだけど、

 優しく臨機応変に助けていただいて

 さすがおとな女子でした。

 ふたりともお忙しい中、

 ほんとうにありがとうございました。

 あらためておつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ありがとうございました。

DSCF7422 - コピー.JPG

 

 灯しびとの集い2018 終了しました。

 たくさんのみなさんにお越しいただき

 ありがとうございました。

 

 大阪でいくつか用事を済ませ

 昨晩無事名古屋に戻ってまいりました。

 先ほど夜明け前に荷卸し終了。

 やることいっぱいあって、

 立て直しのため1週間ほど制作休みますが

 よろしくお願いします。

 いただいたメール等も順次返していきますね。

 

 堺での出展は10年のうち今回で

 半分に出させていただいて、

 出展は2年ぶりではあるけれど、

 ちゃんと最初に出した2011年(第3回)からの

 積み重ねを感じるいい出展でした。

 尻上がりに楽しく感じるのは

 そういうことなんだと思います。

 

 

DSCF7430.JPG

 

 昨日の朝、

 堺を離れる前にちょっと散歩しようと

 思って大仙公園の会場跡に行ったら

 委員長の八田さんがビニル袋持ってゴミ拾いしていて、

 会長の辻野さんもやってて、

 (懇親会出られなかったこと懺悔して)

 どこのクラフトフェアもそうかもしれないけれど

 あらためて僕らは

 場をつくってもらっているんだなと痛感した次第。

 こと、ここ灯しびとは僕ら個々が

 積み重ねてきたものをちゃんと発揮できる場づくりを

 してきてくれていると思う。

 今回「いいって聞いて」って

 初めてここ来ましたって

 お客さんも多かったように感じたのも

 そういうエネルギーの流通が

 ちゃんとできているからなんだろうな。

 

 それから来年から八田さんが会長だそう。

 僕が灯しびとに出た最初の年、

 お隣で出展作家(兼スタッフ)でもありました。

 作家活動とフェアの運営の両立なんて

 想像し難いけれど、

 今後もよりよい場となるように

 心から応援しております。

 関係者のみなさま、おつかれさまでした。

 

 

 この秋の月いち展示3連戦(+α)も

 なんとか無事乗り切るとができました。

 身体のケアもしっかりしたうえで

 来年に備えたいと思います。

 それぞれの展示に足を運んでくださったみなさん、

 本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

notes
元気で堺で

DSCF3635.JPG

 

 8年前につくったふくらすずめの看板。

 それにしてももう8年?という感じ。

 年もとる。

 お互い今週末はよれよれなんだろうなあ。

 

 

DSCF3641.JPG

 

 お店自体は長期休業中なのでほんとに

 毎年の灯しびとへの出展は貴重。

 食べたい!

 

 こちらはひげの不毛地帯が円形から

 平行四辺形に拡大。

 金曜の70%の雨予報。

 それはそれで下ぬかるむからやだなあ。

 明日は景気のいいこと書きたいなあ。

 

 とにかくみなさん元気で堺で会いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

notes
環っかな一日

DSCF7348.JPG

 

 NHKの朝ドラのあとの「チコちゃんに叱られる」で

 視力検査のランドルト環のことをやっていて

 あっ、今日からだと思い出し

 堺に向けてのばたばた制作中ではあったが

 近所の Analogue Life で昨日から始まった

 伊藤環さんの展示へ。

 ここのところアトリエでのお昼ごはん用に

 ずっとごはん茶碗が欲しかったので

 いいのがゲットできました。

 それにしても

 岡山へ行ったときは快く工房を見せてくださったのに

 こっちは拒絶でほんとごめんなさい。

 まじで洒落にならない状況なので。

 

 今日はこちらもずっとお世話になってきた

 同じく名古屋で同時開催中のザパ

 の方に在店されるそうなのでぜひ。

 もともとデザイナーだった環さんの

 陶芸家を経てのものづくりへの

 いろんな取組み方が見えて視野が広がり

 とても勉強なります。

 こういうのはちゃんとめぐりまわってくるもの

 なのだなあ。

 

 そしてこっちは昨日、時計の文字盤を

 円を描くように延々と磨いておりました。

 なんか環(わ)っかな一日だった。

 

 そういや言葉を結びつけるのは

 おやじたちの脳の制御が効かなくなるから

 というのもやってたな。

 

 

 

 

 

 

 

notes
身体を大事に

 DSCF7319.JPG

 

 ここ2年クラフトフェアまつもとでの出展で

 すっかりお世話になっている石原真理さんの展示のDM。

 昨年末自分も展示をさせてもらったばかりの

 カミヤベーカリーでの展示です。

 真理さん、同い年でつくり手で近隣中学出身で

 いろんなことへの感覚が近くて(たぶん)

 大人になってからこういう異性の友人がもてるのは

 ほんとうにありがたいわ。

 

 デザインは竹内絵美さん。

 昨年は同カミヤさんと新潟での展示の素敵なDMを

 つくっていただきました。

 それからイラストは宮武史郎さん。

 先月韓国みやげを届けてくれたのを

 つかまえてみっちり3時間ほど贅沢なお手伝いを

 していただいちゃいました。

 

 この時期はほんとに観に行きたい展示やらなにやら

 多いのだけど、もうしばらくは

 まったく身動きがとれない。

 一昨日ドラフトのことを書いておきながら、

 昨日の日本シリーズの結果を見て、

 あれ、広島の相手西武じゃないの?

 と思ってしまった。

 

 ひゃああ、やばい。

 

 でもこれは堺から帰ったら観に行こう。

 帰ってからの方が地獄説はあるけれど、

 息抜きに。

 

 展示やらがせまっているみなさん、

 身体を大事にしながら無理しましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ありがとうございました。

DSCF7270.JPG

 

 ナカオタカシ展『Transition』終了しました。

 

 会期中足を運んでくださったみなさん、

 ありがとうございました。

 

 

 今回やり残したことは近いうちにこの場で必ず。

 

 

 

 

 

 

 

notes
空間のありがたみ

DSC_0025.JPG

 

 chigiri での ナカオタカシ 展 『 Transition 』。

 初日の在店を終え昨晩無事名古屋に帰り着いております。

 ええと、懺悔すると搬入と初日と在店とが

 同じ日になってしまいました。

 到着からオープンまで実質3時間半。

 店主の西島さんには本当に助けられました。

 なんとか無事始められたのは西島さんのなかに

 しっかり展示のイメージがあったから。

 (直前のデスクライト諦めの件にもしっかり対応)

 おかげでぎりぎりまで甘えられました。

 とにかく僕開始直前までつくってました…

 在店中もだけど。

 なお、初日の夕方、猛烈な睡魔に襲われ

 会場から消えましたことお許しください。

 

 

DSCF7269 - コピー.JPG

 

 2年前の夏に初めてここのお店の空間を見たときに

 小さいけれど天井が高くて、

 奥の中庭へ向けて抜けがあるので奥行きを感じる。

 何よりもたっぷり自然光が入るので

 自分の作品(展示量も含めて)にぴったりだな、

 と感じました。

 とにかく今回も作品が空間にとても助けられている。

 それからもちろんお客さんにも。

 

 ほんとは中庭まで展示に使いたかったの

 だけど、何分力不足で…

 次回、デスクライト、スタンドライト系オンリーで

 やらせてもらえたらと思っているので、

 時計とかペンダントシェードはぜひこの機会に。

 

 20日(土)まで。

 

 

 2日目にようやく仕上がった

 今回も唯一のテーブルスタンド。

 初日の未完成のうちにお嫁に行ってしまいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

notes
明日から、と、お詫び。

 DSCF7243.JPG

 

 明日から静岡県三島市 chigiri にて 

 ナカオタカシ展 『Transition』

 始まります。

 

 が、ご期待いただいたデスクライト、

 出品できませんでした。

 思い起こせば、ここ数年

 時計とデスクライトが同時に共存できた個展は

 皆無に等しく、デスクライトがあれば

 時計がほとんどなく、

 時計があればデスクライトがない。

 ここにペンダントシェードも加わると…

 

 欲張って同時進行で

 制作しておりましたが、どっちつかずになるのを

 避けて今回は年内で少しお休みをする時計を

 優先させていただきました。

 

 会期中の追加納品も考えましたが、

 とにかくもっとも手のかかるデスクライト。

 あらためてまた別の機会にご覧いただければ

 幸いです。

 

 尚、時計とペンダントシェードに関しては

 僕としてはこれまでの中でいちばん

 たくさん種類も数もつくれたかと思いますので

 ご興味のある方はどうぞよろしくお願いします。

 

 とり急ぎデスクライトについての

 お知らせまで。

 

 

 

 

 

 

 

notes
ずっと手探りでしてな

DSCF7196.JPG

 

 来月の 灯しびとの集い の出展者紹介が始まってます。

 が、直前の展示のことであたふたしていると、

 あたりまえのようにだめログ記述してしまい

 今回自分、記念作家(招待作家)枠なんだということを

 ついつい忘れてしまう。

 もうちょっとちゃんとしなくては、と

 気を引き締める。

 

 もちろん今年もDMは西淑さんですが

 10周年の、ということでむちゃくちゃかっこいい。

 

 今年前半名古屋のbabooshkaでの展示の際に買った

 西さんのイラストの入った絵本。

 ぼくの心境としてはラマホロット語の

 DEBA'(デゥバッ)という言葉が相応しい。

 暗闇でずっと手探りな感じをいつもいつもだから。

 

 灯りをつくっている作家なのに。

 

 

 

 

 

 

 

notes
| 1/46 | >>