一昨日

IMG_20191019_213839.jpg

 

 一昨日の19日、旧パザパの古池さんが

 小さな場所で

 ひっそりと新しいこと始めました。

 屋号は…

 名古屋なら、そのへんの誰かに

 聞けばわかるかと。

 興味のある方は足を運んでみてください。

 今月は無休だそうです。

 Man Products の三室くんのお隣です。

 

 彼は来月の 灯しびとの集い に初出展されるそう。

 皮といえば上治くんも出展予定。

 彼の仕事もかなり面白いので

 当日行かれる方はぜひ。

 

 自分もがんばらねば。

 

 

 

 

 

 

 

notes
やれること

IMG_20191013_214144.jpg

 

 台風の影響なんかほとんどなかった名古屋。

 昨年からインスタをはじめたおかげで

 全国の個々の様子が

 (限られた関係性ではあるが)

 伝わってくる。

 あるいは彼らは避難している、

 あるいはここでのこの展示は始まってて

 台風の影響はまったくないんだけれど

 自粛傾向だなとか。

 あるいは時間差で本日物理的に

 たいへんだとか。

 昨日今日は中止になったけれど、

 明日代替えで急きょのイベント開催だとか…

 

 阪神が一矢報いたで終わるだろうな、と

 思っていたセ・リーグも、

 このまま一気に飲み干してしまうであろう

 パのソフトバンクもそのとおりで終わり、

 いや、日本男子バレーもすごいんだけど、

 (うちの両親が野球かバレーかでテレビの

 チャンネル争いをしているらしいのだが)

 やっぱり、今日はラグビーで、

 もう壊れそうで充電がやばいタブレットで

 観戦し「ながら」の残業仕事を

 アトリエでするつもりだったけど、

 いやもうすごすぎて完全に手は止まって

 釘づけだった。

 ありきたりだけど、

 すごーく勇気をもらった。

 

 いま、動けるやつが

 やれることをするしかないんだなって。

 試合前に黙とうしてて、

 いまこの瞬間世界の目が

 ここに向いてるんだなって思った。

 

 で、あたりまえにおれはおれのことを、

 ちいさい範囲だけど

 がんばるしかないんだなって。

 どんなかたちであれそれぞれの、

 がんばった成果を「発表」してるところへ

 明日は行ってほしいな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

notes
19号

 IMG_20191011_105124.jpg

 

 一体、どれだけの台風が来るのだろう。

 午前中、たまたまホームセンターに

 行ったら、布粘着テープが売り切れてる。

 しかもレジに列が出来ている。

 お客さんのカゴには

 水、電池、カセットボンベ。

 

 アパートには外面にブリキの貼ってある

 なかなか味のある

 雨戸がついているのだが、古くて、

 もう何年も動かされてなかったのだろう、

 3枚中の2枚目がどうしてもスライドして

 引き出せないので、1枚だけであきらめた。

 去年の台風で屋根瓦が飛んで雨漏りし

 その修理のために入居が遅れたんだけど、

 実質引っ越しはまだ荷物を運んだだけで

 まだ半分しか済んでないので

 頼む、保ってくれ、という感じ。

 

 アトリエ建物屋上の排水口全部を

 いちおうきれいにして、

 蔦の枯葉もごみ袋2つ分回収。

 おそらく排水なんて全然おっつかなくて

 プール状態になってしまうだろうから

 気休めにしかならないだろうけど、

 せっかく入ってくれた下の店舗に

 雨漏りなんてなるとまた

 アトリエ探し、なんてことにも

 なりかねないので。

 明日はアトリエに詰める予定なので

 長靴と合羽を用意しておいて

 危なくない程度に屋上を

 ちょいちょい覗きに行くとしよう。

 

 それにしても

 道を歩いているとビルの屋上で

 工務店さんらしき人が

 飛んでいきそうなものを外してたりと

 みな備えてる感が今回は相当強いな。

 どうか何事も起こりませんように。

 こんなときにいろいろと材料を

 発注してしまった。

 明日は配達せんでいいからね。

 というか増税前にしとくんだった。

 

 

 

 

 

 

 

notes
週始めと週末と

IMG_20191010_120846.jpg

 

 月曜はやまほんで金森さんの結婚式。

 会場全体から愛情を感じる

 とても素敵な会だった。

 

 その日は伊賀上野に泊まったので、

 翌朝東京組のふたりを名古屋駅まで

 送る予定だったのだが、

 そのまま3人で MIHO MUSEUMと

 僕には久しぶりの而今禾をまわることに。

 ちょっとここのところ詰め詰めだったし

 いい息抜きになり、

 かついろいろ観て感じて

 思わぬインプットができたのだった。

 

 Roundabout の小林さんとは

 3年前にも急遽、京都→やまほん→名古屋を

 ドライブして、そのとき小さな仕事を

 しただけなのだけど、

 いつも実益と楽しい思いをもたらしてくれる。

 

 それぞれ今週末と2週後に展示を控えたふたりと

 明日からがんばろうねと

 お別れして、こちらは来月の展示に向けて

 またこつこつと(今はまだ発狂していない)

 仕事をする日々に戻っているところ。

 

 

 週末にまたもや来る

 台風にうちのボロアパートが

 いささか心配なので、

 とりあえずささやかな対策をこれから。

 みなさんもどうかご安全に。

 

 

 

 

  

 

 

notes
羨ましい

IMG_20191005_144938.jpg

 

 制作の、というか

 まだまだまともには制作の出来ない状況な

 アトリエの片付けの合間を縫って

 晴天のなか、伊賀まで車でひとっ走り。

 やまほんの「金森正起展 金属の表情」へ。

 

 

IMG_20191005_144800.jpg

 

 毎度ちゃんと新しい試みに

 トライしててえらいな。

 アイデアが重っ苦しくないところもいい。

 網ものも、溶接をしていないという

 まるい錆箱もよかったなあ。

 

 何がすごいってちゃんと

 使えるものもしっかり数をつくってあって

 間に合ってるのが羨ましい。

 明日までということで、

 だいぶいろんなアイテムが

 なくなっているんだろうけど

 かっこいいボウルも皿も片口も

 まだ買えるのが嬉しい。

 見習いたい。

 

 3位に残って2位横浜と

 今日(17:30現在)接戦を演じている

 阪神ファンも羨ましい。

 

 チケットゲットして今晩豊田に

 ラグビーワールドカップ日本戦を観に行く

 弟も羨ましい。

 

 

 

 

 

 

 

notes
箱根であおられて、あるいは辻堂のP

IMG_20190928_163408.jpg

 

 一昨日の神奈川の帰り道。

 ほんのちょっと立ち寄った小田原から

 ナビで提示されたルートは箱根の山越え。

 夜で照明もほとんどなく真っ暗の山道。

 基本平野の名古屋っ子にはけっこう怖し。

 幸いたまに対向車は来るものの

 後続もいなくてのんびりした上り。

 が、しかし、

 下りに入った途端ものすごい勢いの

 車にぴったり後ろに着かれてあおられる。

 マイペースを通せず、

 完全にあわくってスピードアップ。

 何度かあった左側の空きスペースに寄せて

「先行ってー」ってしたかったが

 視界は悪いし、がんばって走ってるので

 気がついた時点で通過している。

 途中完全にブチ切れて、

「いっそ振り切ってやる!」と

 走り屋スイッチに火をつけてみたが

 所詮こちらは中古のオンボロバン。

 抵抗虚しくさらにあおられ続けて

 もう集中力も限界、って時点で

 伊豆方面と三島方面の分岐で

 伊豆の方に行ってくれた。

 ほっ。

 どっと疲れた。

 

 で、思ったのだけど、

 この疲労感、ここ数年の個展の制作時と

 まったく一緒。

 のんびりしたこころもちを

 作品にしたかった初心と、

 ずいぶん離れてしまったところに

 来てしまった感があるので

 ちょっとマジで来年から改革します。

 

 

DSCF9269.JPG

 

 ところで電車で東京に行くためにたまたま停めた

 辻堂のコインパーキングらしからぬ

 茂みの中のコインパーキングがすごく面白かった。

 敷地内には年十年前からあるのだろうかという

 放置車両が何台も。

 料金説明は手書き。

 もちろん格安。

 入口に張られた電飾。

 でも「空」「満」の表示機も

 年季の入った駐車券の自販機も

 入口、出口兼の遮断機もどこか不思議な存在感で

 ちゃんとある。

 帰りの際にペコっと頭を下げてくれた

 あのおばあちゃんがオーナーかな。

 

 なんだろう、

 時間軸の幅のあるアンバランスな整合性、

 こんな存在をめざしたい。

  

 

 

 

 

 

 

notes
復調気配

DSCF9252.JPG

 

 まだまだ展示絡みのこと

 いっぱいやり残しがあるんだけど、

 昨日は名古屋駅でハンズの買い出しのあと

 レイトショーで久しぶりの映画。

 が、ようやくありつけたタランティーノの新作、

 上映中、前方の初老のご夫婦と、僕の隣の

 お姉さん2人組が途中で帰ってしまったな。

 たぶんすこぶる退屈だったんだろうな。

 自分はもう少し若いときに

 タイトルに『袋小路』がつく

 個展をしたことがあるくらい

 ロマンポランスキー(監督)に興味があって

 今映画でキーになる彼の元・奥さんの

 シャロン・テートと

 その事件の知識もあるし、

 今作のディカプリオもブラピも

 愛すべきキャラですっげー笑ったし、

 ちゃんと最後にカタルシスも得られて

 満足したんだけど、いや、それでも

 お客さんが帰るのはわかるなあ。

 

 それはさておき

 劇場にあった12月公開の

『男はつらいよ 50  お帰り寅さん』の

 何バージョンかあったチラシがかっこよくて、

 いや、そんなひとは寅さんを、

 観に行けばいいよ、と思ったよ。

 過去作の特集上映もやるし。

 

 展示前からずっとお風呂も3日に1度ペースで、

 銭湯に行っても身体の

 サーモスタットがおかしくて

 サウナに入っても汗をかかなくて

 疲れて出てきちゃうなんてのが

 続いてたけど、ようやくちょっとずつ

 回復の傾向。

 でも全日休める日はまだまだつくれないので

 まあ、このまま11月までどうにか乗り切って、

 お待たせ仕事もちゃんとやり終えて、

 12月はおおいに映画を観てやるんだ。

 

 まずはここのところデジャヴのような

 今回4往復目の寝不足の週末静岡。

  

 

 

 

 

 

 

notes
ありがとうございました。

DSCF9165.JPG

 

 三島 chigiri での展示終了しました。

 今まででいちばんやらかした展示では

 ありましたが、

 足を運んでくださったみなさん

 ありがとうございました。

 また、体調面を気遣うお言葉を

 かけてくださる方も多く、

 ご心配いただき

 本当にありがとうございました。

 

 実際今後の心身の問題なども考慮し、

 この間、次回岐阜での展示を

 延期にするべきか悩み、

 検討しておりましたが

 昨日 pand の浅見夫妻と話していたら

 そこは10年以上のつきあいなので、

 すっと気持ちの負担が軽くなり、

 やれそうな実感を得られたので、

 (もっとも今年は判断ミスの連続だが)

 予定どおり開催する運びとなりました。

 岐阜・pand での展示は

 長らく、ほんとに長らくお待たせして

 10年ぶりになります。

 

 なお、初日はこわもての中国人スタッフも

 ご用意してお待ちしております。

 

 

 写真の展示台は

 chigiri 西島家の長男、優くんの勉強机。

 次回あたりはもう箱づくり要員として

 お手伝いできるんじゃないかな。

 あるか?三度目の正直展。

 

 

 引き続き伊豆の国市、noir/NOKTA では

 クロヌマさんとの二人展

『浮遊 / vol.2』開催中です。

 22日まで。

 

 

 

 

 

 

 

notes
三度目の正直

DSCF9156.JPG

 

 無事中途の制作をやり終え、昨日は

 今回3度目の徹夜明けの三島chigiri入り。

 

 図らずも自分の作品が少ないことによる

 お店の空間はとても心地よい空間になっており

 しばしの滞在ですっかり癒される。

 

 結果的にあと数日かかることを

 あと何時間か後に始まる展示に

 間に合うと思って必死に作業している

 直前の自分の錯乱ぶりが

 おそろしくなるとともに

 早めに白旗をあげることで

 たとえ10点程度でも十分に展示空間を

 つくることができたな、

 また違ったかたちでみなさんを

 迎え入れることができたな、

 もっとこの素敵な空間に頼ってよかったな、と

 あらためておおいに反省した次第。

 

 こちらの展示はあと2日。

 (16日まで)

 

 

 初日に出来なかった

 三島大社へのお参りと、

 念願の鰻と、

 (斜め向かいのみつわ食堂も好き)

 近所のLuca Wineで売ってる

 反射炉ビールをおみやげに

 noir をはしごしてから

 昨日は中日大野がノーヒットノーランの

 地元名古屋に帰る。

 まだまだ宿題があるので

 I'll be back.

 

 

 

 

 

 

 

notes
はじまりました。

DSCF9133.JPG

 

 三島 chigiri にて

『 Transition 2/2 』はじまっております。

 

 いったん三島入りした前々日の夜には

 これだけ出来上がると打ち合わせしたのですが、

 結局当日早朝までそこからひとつも

 出来上がらないという事態に陥り

 とりあえずその旨を店主に伝えたのが

 当日朝の5時半。

 

 昨年当日朝7時に搬入してしまった

 お詫びにと企画した展示だったはずが

 それを上回る開始時刻搬入のうえに

 完成品数点のみという

 かえって迷惑をかける波乱のスタートに

 なってしまいました。

 さらに、昨年時はゆるゆるスタートで

 三島はのんびりでいいなあと

 すっかり油断していたところでの

 準備不足も重なってしまい、暑い最中、

 初日のお客様にはほんとうにご迷惑を

 おかけして申し訳ありませんでした。

 

 尚、未完のものは

 いったん持ち帰らせていただき

 本日より間に合わなかった分の制作過程に

 入らせていただいております。

 この中間、常設の空間に数点という状況には

 なっているかと思いますが、

 再度次の週末までには仕上がった状態を

 お見せできるかと思います。

 在庫状況についてはお店にご確認ください。

 毎回、いろいろと至らぬ展示ばかりでは

 ありますが

 引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

 あと、こういう状況での展示すら楽しんで

 見ていってくださったたくさんのみなさま、

 一方で正直に苦言を呈してくださったみなさま、

 実に有益なアドバイスをくださったみなさまには

 あらためてお礼申しおあげます。

 また、noir での二人展への移動にお付き合いいただいた

 みなさんには楽しい時間を過ごさせていただきました。

 一方でゆっくりお話しできなかったみなさん、

 また、noir からいらしてくださってすれ違いに

 なってしまったみなさんには

 またの機会にお会いできれば幸いです。

 状況を察し見本用にと愛用のデスクライトを

 持参してくださっていた方のことも、

 あとあと伺い感涙ものでした。

 いつかほんとうに最大のピンチのときに

 呼びかけお願いするかもしれません。

 

 あきらかにこちらが悪いのに

 生真面目すぎて反省しまくりで落ち込む店主と

 展示とは何か、お店の役割とは何かと

 話こんだ初日の夜でした。

 

 

 とにかく今回はこのタイトル合わないんじゃ

 ないかとどこかで思っていたけれど、

 まさか展示そのものが「うつろう」とは、

 夢にも思わなかった。

 いや、まだまだこれから。

 さすがに今日半分死んでたからね。

 

 

 

 

 

 

 

notes
| 1/53 | >>