ウェイトとウェット

IMG_20191018_161542.jpg

 

 FRPの中に鉛を詰めるのは、

 デスクライトの台座を

 重くする必要性からだったと思うのだが、

 単体でペーパーウェイト的なものを

 つくったのは、10年ほど前の

 クラフトフェアまつもと

 出展時だったと思う。

 ほとんどのものが軽い中で

 手に取った瞬間のお客さんの

 リアクションを見るのが楽しかった。

 

「軽さ」は、

 ときにコンプレックスでもあり

 あるとき焼き物の作家に

 同じ体積の陶器より重い、

 と言われて嬉しかったりもした。

 ペーパーウェイトとは名ばかりで

 ただ中身の詰まった重みのある

 立体がつくりたかっただけなのだけど。

 

 22:30、名古屋も雨が強くなってきた。

 明日はこの湿気を使って

 表面に紙を張ろうと思うのだが、

 台風被害のあとにこれでは

 たまったものではないだろうから

 別に降ってくれなくてもいいのだが…

 

 

 

 

 

 

 

making
そこから

IMG_20191015_155115.jpg

 

 出かける用事があったり、台風に備えたり、

 なんやかんやと理由をつけつつ

 合間もほかの作業に逃げて、

 ここ10日間ほど

 樹脂とガラス繊維に触っていなかった。

 (それでもやることは山ほどあるのだ)

『ドカベン』で山田太郎がスランプのとき

 岩鬼が山田からしばらく

 バットを取り上げた療法のごとく

 ちょっと飢餓感をつくったら

 作業が促進されるかと思っていたのだが、

 本日久々に樹脂部屋(11号室)入りしたところ

「ああ、もうこのままやりたくねー」って

 真剣に思った。

 

 それでも気を取り直し、

 重い腰を上げて

 久々の張りこみ作業に入ろうとした直前、

 撹拌した樹脂を思い切り

 机の上に倒してこぼしてしまった。

 映画『イエスタデイ』のサントラを

 聴いていたのでちょうどここで

「HELP!」。

 

 

 

 夕方、今度は床に

 本日2度目のどばっー。

 うーん、アトリエ片付けきれてなくて

 作業台の上も微妙に狭い。

 ちなみにここでは

「ALL YOU NEED IS LOVE」。

 

 とりあえず、

 つくろうとしないと

 つくれないので、

 まずはそこから。

 

 

 

 

 

 

 

making
鬼門のデスクライト

DSCF9262.JPG

 

 連休中は四たび静岡へ。

 noir の搬出と chigiri での残り仕事。

 三島ではランプの箱づくり。

 chigiri の店主西島さんが

 2日にわたりがっつり手伝ってくれたおかげで

 なんとか終えられた。

 やはりというか理系の彼女、

 きっちりしていてこういう仕事に

 とても向いていて本当に助かった。

 というか散々迷惑をかけたのに

 毎度おいしいおうちごはんと素敵なねぐらを

 提供してくれるうえに

 間に合わなかったところを

 サポートしてくれて今回はとりわけ感謝。

 

 ひとつ作業中の会話から発覚したことが。

 ここ何年かでシャワーも浴びることもできず

 もっさもさで当日在店になったケースが3回。

 徹夜でヨレヨレは必須なので

 ヨレヨレ+もっさもさ。

 2016年の名古屋 mrs.kitchen。

 2017年の高松 まちのシューレ。

 で、今回の三島 chigiri。

 この3展示には共通点が。

 デスクライトを十数点以上制作していること。

 

 そこ+前2展示には1点しか出してなかった

 テーブルランプ系が計7点、

 (何個か失敗して減ったから7点)

 そのときは存在しないフロアスタンドもあるから

 これはいささか無茶だったかもしれない。

 

 とにかくやはり鬼門はデスクライト。

 ここから導き出される結論は

 もはやさらなる「値上げ」しかないのだが、

 あらためてHIN の店長はすごいな。

 7月の展示のときにデスクライトの

 正当な値段をしっかり算出してくれてたのだが

 この秋の展示まではと僕がブレーキを

 かけたものだから…。

 要は自分がバカなんだな。

 そう思うと、みんな僕を扱う上で

 +αな仕事をしてくれているな。

 ほんとに感謝だな。

 

 さてデスクライト、

 岐阜はどうしようか。

 

 

 

 

 

 

 

making
穴があったら入りたい

DSCF9035.JPG

 

 本日テーブルランプひとつシェードを

 割ってしまい脱落。

 デスクライトも3つ失敗し脱落。

 いまだ完成品ひとつ状態。

 あっ、DM用にデスクライト4つ送ってあった。

 というわけで三島 chigiri での展示、

 現在制作中のものが全部できたとしても

 20点にも満たない展示になると思います。

 それで整理券なんているのかしらと

 思うのだけど、

 そんなわけでお買い上げいただいても

 全部取り置き、後日発送にさせていただきます。

 

 昨日の早朝から起きているけれど

 ここからも寝たら完全にアウト。

 でも、安全のため

 移動は運転手を雇いました。

 去年はサービスエリアの度に力尽き、

 愛知県から抜け出せなかったので。

 

 

 初日、三島に行って

「なんだ、これだけかよ」

 と、苦情のある方はそのまま

 noir/NOKTA の2人展へぜひお越しください。

 在廊しておりますので。

 30、40分ほどの距離だそうです。

 

 明日から静岡に入ってクロヌマさんと設営と

 あとは三島で現地制作予定。

 ああ、デスクライトといえば

 高松シューレのトラウマが…

 いや、最悪あのときのパーツ展示の手があるか。

 

 どうか寛大なこころで見守ってください。

 

 

 

 

 

 

 

making
ブクブクブク…

DSCF9026.JPG

 

 ラジオからどこかの自治体で

 違法な時間外労働の実態が明らかに、

 とかいうニュースが耳に入って来た。

 月80時間は過労死ラインなんだとか。

 やばいなあ、

 ひとりブラックな自分としては

 そんなの軽く半月で超えてるなあ。

 

 それなのに寡作ってどうなんだろう…

 今日も(18:00現在)

 両展示のもの合わせて

 一点も仕上がらなかった…

 ほんとやばいな…

 

 三島は当日搬入必至。

 伊豆は先生頼み。

 

 

 とりあえず今晩も夜通しがんばる。

 ブクブクブク…

 

 

 

 

 

 

  

making
初個展からずっとそう

DSCF8999.JPG

 

 4年ぶりの楕円台座。

 

 テーブルランプのシェードは出来ているが

 台座がこれからで悩ましい。

 シェードと台座、

 どちらかが失敗すると数が減る。

 

 さて搬入まで実質1週間。

 前展示では完全にこの時点で一度壊れたが、

 両展示合わせて現時点で

 完成品5点、というのは

 あきらかに大丈夫ではないが、

 今回はあっちとこっちを行き来してるので

 気持ちが麻痺してるのだろうか、

 意外と壊れてない。

 あるいは直前壊れるパターンか?

 

 今朝方見た、

 興味本位で廊下にいた中学男子の幽霊を

 うっかり呼び止めたがために

 追いかけられる夢が忘れられない。

 教室のいちばんうしろの席で

 ハサミとカッターを使って作業してた自分は

 (昨日の深夜作業と同じ)

 それを武器に応戦するのだけど、

 向こうは霊体なのでこちらの攻撃はすり抜ける。

 そいでもって向こうの負のエネルギー体

 みたいのにぐわーっと、飲み込まれる。

 はっ、と汗だくになって目覚める。

 展示前って多かれ少なかれ

 こんな悪夢ばっか。

 

 でもいちばんおそろしいのは

 もう起きなきゃいけないのに

 続きが見たくてまた寝てしまうこと。

 興味本位で。

 

 

 

 

 

 

 

making
ミッドナイト

DSCF8997.JPG

 

 一時間仮眠のつもりが

 20:00の目覚ましにまったく反応せず…。

 23:30、深夜の部スタート。

 

 闇に闇。

 闇に雨。

 湿気と嫉妬。

 

 

 

 

 

 

 

making
ぐるぐる。

DSCF8995.JPG

 

 ぐるぐる。

 2転3転。

 いや2転覆、3転覆。

 でも執着を捨てる意味で

 昨日までにつくった分は甥、姪用にと

 今日ばあちゃんにたくさん持たせた。

 

 空中から落下し、水底に沈没するものは、

 いまさっきの記憶か、直面する現実か。

 沈殿 / vol.1 。

 

 

 昨日、大河ドラマ史上、

 過去最低視聴率だったとか。

 ここ数年の大河史上、

 相当面白かったけどね。

 

 こっちも残り、

 息つぎせんとがんばらにゃあ。

 がんばれ前畑。

 がんばれおれ。

 

 

 

 

 

 

 

making
暴徒化

 DSCF8992.JPG

 

 それがつまんないものかはともかく、

 自分のなかで暴徒化して

 出てこようとしているひとたちの

 封印をとりあえず解いてみる。

 結局のところアウトプットしてみないと

 なにも始まらないし。

 

 と、今朝ここまでを書いていたのだが、

 本日正午、この作品、

 全体の1/4までたどり着いた時点で、

 この案は棄てることにした。

 この1週間ほどの実作は無駄にするけれど、

 生ものだからねえ。

 時間はないけれど。

 

 いろいろ諦めて、夕方、次案のために

 近所のカーマホームセンターで

 木材加工をしてもらったところ、

 年の頃は自分よりちょい若いくらい?

 見ない顔だなあと思いつつ、

 所作を見ていたら、あっ、久々の当たり。

 案の定、聞けば前の職場は

 某ホームセンターの資材館でかなりの頻度で

 木材加工を行っていたとか。

 言うまでもなく仕事が丁寧できれい。

 ホームセンターだから財布にも優しい。

 安くやる方法も提案してくれる。

 悔しそうに名言も吐いた。

「ああ、カット代、千円こえちゃったなあ」

 大丈夫、その気持ちは作品にこめるから。

 

 

 いだてん面白い。

 ヒトラーにムッソリーニ、

 歴史上抗うことのできない激動の時代。

 政治に対してスポーツが、文化が出来ることを問う。

 にしても岩松了、実在の岸さんにそっくり。

 

 

 少し残業して明日も早朝から。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
後悔日誌

 DSCF8989.JPG

 

 ブログを書かないとやはりリズムが狂う。

 いつぞやのあさイチでも

 日記は精神衛生上にいい、と言っていた。

 そもそもブログはweblogの略で

 ログの語源は航海日誌(logbook)である。

 SNSは苦手だけど航海日誌なら書けるな、

 と始めた。

 航海日誌のもともとは船の速度の記録帳簿。

 のちにその他諸々の運行データ、

 日々の記録がなされるように。

 だから自分もことあるごとに見直す。

 ああ、このときの個展は

 こうやって乗り切ったな、と

 方角を見失ったときの指針にもなる。

 いや、いいこと言い過ぎた。

 90%はこのままじゃだめだなという

 後悔日誌である。

 

 とにかくダブルヘッダー展示を控えた現状、

 物理的にはかなりやばい。

 最近の展示前症状として毎回、胃炎、

 口唇ヘルペス、腰痛、髭の円形脱毛症、

 頭皮ボロボロ、難聴のいずれか、

 もしくはそれらのマッシュアップが現れる

 のだが、今回は軽度にみんなある。

 やばいなあ。

 

 

DSCF8990.JPG

 

 なのに新作のテーブルランプをつくってしまう。

 いやむしろこういう時間がいちばん

 気持ち的には健康的。

 ただ時間がどんどん過ぎて行く…

 

 早朝作業後の朝食時に朝ドラ、

 それと今日は昼食後の時間に前回

 見逃した『いだてん』の再放送を観て泣く。

 

 夕方、お風呂前の汗かき研削作業じゃー、

 と意気込んだのっけから

 ベルトサンダーがうんともすんとも

 言わなくなって、ぐわっ、

 ホームセンターに買いに走る。

 

 戻って夜作業、

 夜中前のブログ更新(現在23:50)は

 自分的にはあまり健康的ではないのだが

 でもリズムをとりもどすため。

 わちゃわちゃでもリズムはリズム。

 

 朝ドラは今週大好きな田中裕子が出たので

 サンバなノリ的に上がった。

 ちなみになつのまわりには

 坪口さん(府中白波会)と

 ヒョロくんがいるちはやふるな職場。

 

 

 

 

 

 

 

making
| 1/44 | >>