休日をつくるぞ

DSCF9375.JPG

 

 治ったと思ったら、

 風邪を引きずってるのか

 咳も鼻水も熱も全然ないのにふらふらする。

 ただ喉が痛くて声がでない。

 おかげで集中力が続かず

 制作ペースがあがらない。

 

 それでも岐阜のやり残し制作、

 ようやく明日終えられそう。

 これ、もともと会期中に終えようと

 していたことなので、

 スケジュールの押し具合が半端ない。

 ここからようやくやいちの制作だから、

 今週末までにはと思っていたけど、

 うーん、危険。

 とにかくひとつひとつ進めるしかない。

 

 せめて今日も早く寝て

 体調をもどす努力をする。

 

 それから来年は毎週しっかり休日を設ける。

 365日働く前提って

 そもそもおかしいじゃんねえ。

 

 じゃんねって名古屋だから

 もともと使います。

 

 

 

 

 

 

 

making
C は間に合わず

DSCF9315.JPG

 

 おはようございます。

 

 Clock は初日間に合いませんでした。

 やはりDesklight とは両立せずの

 ジンクスを裏付けるかたちに。

 なお、申し訳ありませんが

 注文はお受けできませんので

 ご容赦ください。

 

 ところがそのDさんもやばい。

 なんとか現地配線というところまで

 もっていきたいが…(7:00現在)

 またパーツ見せになってしまう。

 羽根つきだけは避けたい。

 

 それからTさんもチーク台座の

 ひとつのみしか辿り着けず。

 

 とにかくそんなこんなで

 本日よりpand での展示始まります。

 10年ぶりということで気負いこみすぎて

 空回りしておりますが。

 

 ちなみに最終日の23日土曜日は

 在店予定です。

 

 

 

 

 

 

 

making
明日より

 

 本日搬入に行けず。

 ありがたいことに先ほど

 pandの浅見さん(ご主人)が

 出来てるものだけ(ほぼ「P」)を

 取りに来てくださって泣けた。

 浮いた何時間を制作にあてられたので、

 いまつくっているひとたち、

 なんとか間に合わせて

 明日持っていきたい。

 もっともそれでもタイトル「A to Z」感は

 ゼロだけど。

 

 明日間に合わねば明後日に、

 明後日間に合わねば週明け火曜に、

 あとはとにかく最終日めざして

 会期中もつくり続ける。

 とりあえず明日は間に合っても

 間に合わなくても在店。

 

 ほんとに毎回こんなでごめんなさい。

 どうぞよろしくお願いします。 

 よおし、今から15分寝るぞお。

 

 

 

 

 

 

 

making
あくせく削る

DSCF9297.JPG

 

 昨晩、やはり徹夜は難しく3時間は眠る。

 

 細かな研削、研磨をしていたら

 いつのまにやら爪が削れて

 肉が見えて血まみれ。

 即席の指サックで対応。

 

 齷齪(あくせく)、こんな漢字なんだ。

 心にゆとりがなく、目先のことに追われて

 こせこせと気ぜわしく事をするさま。

 んー、ぴったりのようでもあり、

 ちょっと違うようでもあり…

 

 少し立ち止まって

 逆算スケジュールを立てる。

 絶対狂うし、どうみても間に合わないけど

 見通しはないよりあった方がよい。

 

 

DSCF9300.JPG

 

 嬉しい朝食は

 なんと「灯しびとの集い」みやげ。

 今や幻のふくらすずめパン。

 

 エネルギーをもらう。

 

 

 

 

 

 

 

making
ZZZ…

DSCF9295.JPG

 

 昨日は徹夜に備えて宮の湯に行ったが、

 そこで三重で公演を終えてきた

 むすび座の宮武氏とばったり。

 これまた腰が悪そうで、今日から

『アラビアンナイト』のツアーに旅立つ

 彼と一緒にサウナと湯船に浸かりながら

 おっさんふたり励ましあって別れる。

 こんなときじゃなきゃ、お互い

 車を置いて飲みに行くのだが。

 むすび座、12月の新作も楽しみ。

 

 長く湯船に浸かりすぎたかもしれない。

 戻ってしばらくしたら寝てしまった!

 やばい、5月から休みなしのツケが

 ここにきて出てきて

 徹夜ができない身体になっている。

 と出遅れつつ暗いうちから

 作業を始めるも、またここにきて

 新しい仕様に変更して、

 2歩さがってやり直してしまったりと、

 うう…不憫な性格。

 そんなこんなでどんどん遅れていく。

 ああ、あと1時間ほどで

 工場長が出勤してくる。

 

 何週か前までは友人らと、合言葉が

「始まったら飲もうね」だったのが

 当然のように「終わったら」に

 変わっている。

 もはや会期中も追加制作は必至である。

 こういう作家なんで

 初日に来てもらうのが果たしていいのか

 本当に毎回疑問である。

 在店はするがメリットは

 直接言い訳が聞ける、くらいか。

 

 あと、今回DM(チラシ)持っていったり

 送ったりできなかったお店のみなさん

 本当に余裕がなくってごめんなさい。

 個人のみなさんにはここ数年

 まったく送れてませんが。

  

 

 さて今晩

 再度徹夜にトライするかもしれないので

 バタバタになる前に朝更新。

 

 にしても最近やたら眠いんだ。

 

 

 

 

 

 

 

making
デンジャー 「D」

DSCF9292.JPG

 

 ※ 序盤いささかばばちい話なので、要注意。

 

 火曜日、久しぶりにインスタを更新したら

 とたんに胃がきゅーっとなって、

 お昼に食べたものを全部あれして…

 しかもアトリエ宿直用ぺらぺら布団に

 ぶちまけていたのにもかかわらず

 例の「今日こそ風呂に入るぞ」のあと

 疲れてその布団で寝てしまい、

 翌早朝、○ロミックスな超絶異臭まみれな

 自分にさすがに耐えられなくて

 今池のアぺゼ(24時間サウナ)に直行。

 あ、ちなみに今のアパートは風呂ないんで。

 ぺら布団はさすがに捨てた。

 

 そんなPTSD(いや、もはやそうだろ)を

 抱えながらも己の弱さを噛みしめながら

 個展初日という恐怖と戦うあと1週間。

 とりあえず、デスクライトは

 先日ドはまりする法則を発見したように

 危険水域を越えないように。

 

 大丈夫かなこんなんでほんとうに。

 

 それよりふたを開けてみないとわからないのに

 問い合わせに答えなきゃいけない

 pand がたいへんだなきっと。

 やっかいでごめんなさい。

 

 あ、明日、灯しびとだ!

 みなさん盛況でありますように。

 

 うん、おれはまだ1週間、いや6日間あるな。

 

 

 

 

 

 

 

making
風呂も大事

DSCF9290.JPG

 

 よせばいいのにこの局面でフロアスタンドの

 シェードのさらに大きいのにチャレンジ。

 なぜかというとひも付きの

 プルソケットを試してみたいから。

 電球の位置とかいろいろあるんで

 大きくせざるを得なかった。

 

 今回も豊田のふくなりがとても忙しそうな中

 台座をつくってくれて感謝。

 なんとか完成に辿り着いて持って行きたい。

 が、まだなんとも言えない段階。

 それより今日こそお風呂に入らないと

 スーパーに買い物に行くのにも臭くてやばい。

 樹脂臭いのか身体が臭いのかももはやわからない。

 硬化待ちの今が(20:00現在)チャンスだな。

 早いとこ作業を進めたいけど

 風呂も大事。

 

 

 

 

 

 

 

making
Spout 注ぎ口

DSCF9286.JPG

 

 陶器でもガラスでも

 ついつい片口的なものを見ると

 手が伸びてしまうのはなぜだろう。

 注ぐ機能が付いていて

 器としても使える、

 そんなフレキシブルさが好きなのかもしれない。

 

 そんな「注ぐ君」を最初につくったのは

 リサイクルショップで買った

 昔のスチームアイロン

 (取説には昭和38年とある。

 実はいまだに使っている)

 に付いていた注ぎ口のついた

 小さなプラスチックのコップをもとにした

 スモールピッチャー。

 ミルクピッチャーにちょうど良さげなので

 クラフトフェアなんかでもぱっと手に

 とってもらえるのだが、

「飲食に使えない」と伝えると

 何度返されたことか。

 

 それでもビーカーやらなんやらと

 しつこくつくり続けて十何年。

 こうしていつも使い方は放り投げる。

 ピッチャーだけに。

 キレだきゃ、抜群。

 スリムピッチャー、とって付ける前。

 

 

 

 

 

 

 

making
P しかできてない…

DSCF9282.JPG

 

 今回、ペンダントシェードの新作は

 つくらないかわりに、

 もう何年もつくっていなかった

 スカートシェードを久しぶりに。

 過去はソケットで挟み込む仕様だったが

 FRPはそこまで熱に強くないので

 ホルダー留め仕様に変更。

 首ねっこをつける。

 これはまだ継ぎ接ぎの原型の段階。

 ここからシリコンで型取り。

 長年やりのこしていた仕事。

 

 

 工場長に怒られそうだが、

 一昨日の夜、東急ハンズへ買い出しに出た折に

 ふらふらーっと映画館に吸い込まれ

『IT/イット THE END ”それ”が見えたら終わり。』

 (ほんとにこのタイトルなんとかならんかな)

 を観てしまった。

 そもそも20代初めから歴代の愛(自転)車に

 シルバー号を襲名しているのは

 キングの原作とテレビ映画版が大好きだったからで、

 今回の映画化で前作(昨年公開)が期待以上に

 よかったので

 (とりわけ、主役の子供たちを演じる役者)、

 ああ、テレビ版同様、後編が残念なことになる

 不安を感じつつも、え?おとなになったビルは

 ジェームズ・マカヴォィが演じるの?

 べバリーはジェシカ・チャステイン!?

 (たぶん近年いちばん好きな女優)と知って

 俄然期待感が上回ってしまい…

 結果、今回も役者がみんなよかったなあ。

 実は子役と顔のつくりは似てないんだけど

 雰囲気がちゃんと似てるっていう。

 

 帰りの地下鉄で

 ああ、おれは目の前の個展がほんとうに怖いんだ。

 そしてちゃんと恐怖を受け入れていない、

 どこかで逃げとるなあ、と痛感したり。 

 やばい、やばいと言ってるだけで

 ああ、もう!ってなったり。

 そしたら妙にすっきりしたり。

 

 

 よし「P」はこれくらいにして

 次に進まねば!

 

 

 

  

 

 

 

 

making
予知夢

IMG_20191030_160112 - コピー.jpg

 

 朝がた見た夢。

 巨大なひと型宇宙生物か何かと

 戦っていて

 ダイ・ハードばりに素足だったから

 細かいガラスの破片をたくさん踏んで

 血だらけになって、

 あれ、これ夢なのに無茶苦茶いてえ!

 と思いながら目を覚ましたのだが

 すぐにまた寝ちゃったので、

 すっかり忘れていた。

 

 午後、久々に非樹脂部屋の10号室での

 張りこみ中、シェードの高さを測ろうと

 傍にそれしかなかった1mの金定規を使ったら

 先端が蛍光灯に当たってバリん。

 カバーのガラスが結構派手に散乱。

 張りこみ途中だったので、

 テーブルの上の

 大まかな破片だけ拾ったのだが

 何度かとなりの部屋と行き来してるうちに

 割ったことなどすっかり忘れて

 おもいきり床の細かい破片を素足で踏んで流血、

 あっ、これ今朝見たやつ、と

 記憶が蘇る。

 実は今月電球割ったのみっつめ。

 

 

IMG_20191030_160207.jpg

 

 いつからかもうずっと長いこと

 真冬でも素足にサンダルで

 作業してしまっているのは、

 たぶん土足禁の10号室との

 行き来で靴を脱ぐのが

 面倒臭くなったからだと思うが、

 もちろん悪い例。

 

 

 

 

 

 

 

making
| 1/46 | >>