ア・ハード・デイズ・ナイト

DSCF7382.JPG

 

 円柱ボックス

 75×75×75

 

 

 上記タイトルで

 夜明けころ以下の記事を書いて

 アップしそびれていたんだけど、

 なんと昨日はポール・マッカ−トニーが

 ナゴヤドームに来て1曲目がこれだったとか。

 日本来てるのも全然知らなかったよ。

 

 

 一昨日の夜は全然ヤマじゃなかった。

 昨日の晩のがよっぽっど

 ハード・デイズ・ナイトだった。

 とりあえずがんばって時計を仕上げた。

 今まででいちばん多くつくったので

 できれば2日目までかかってのんびり売りたい。

 在庫で持ち帰れたりしたらなおいいけど。

 同じアイテムをたくさんつくるってのは

 これがほんとに最後になると思う。

 

 泥のように眠りたいけど、

 ほかのものが壊滅状態なので

 今日一日もう少しがんばって、早めに寝て

 堺に向けて出発したいさかい。

 

 

 というわけでデスクライトが全滅。

 結局今回も時計と両立せずで申し訳ないです。

 とにかくあるものだけで明日。

 

 予期してないものがふたつできたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
がんばれ、記念作家

DSCF7327.JPG

 

 クラフトフェアでは2012年のここ堺で

 初出しした時計も

 灯しびとの集いでは今年で最後。

 Mサイズはわずかばかりではありますが

 久々にグレーも制作中。

 もちろんまだひとつも出来上がっておりませんが。

 

 誤算はこの夏以降のふたつの個展と

 ひとつの企画展でいくらかずつ残ってくれるだろうと

 想定してたこと。

 まじで泣きそう…

 うーん、三島大社(えべっさん)でお参りしたのは

 失敗だったかもしれない。

 

 インスタで灯しびとに出展する自分とほぼ同じ会期で

 前展示を終えた某木工作家の制作具合を見ていると

 ほんとうに焦る。

 でも文章もむちゃくちゃ面白いからつい毎日

 見てしまう。

 ダンスやってた話は聞いたけどパフュームの踊りの

 解説(?)の回なんか面白すぎてyou tube見ちゃって

 仕事の手は止まるし、

 各地のクラフトフェアでずっと前から一緒に出展してる

 イメージなのに実はむちゃくちゃ若いし、

 ヤク中に間違われる話書いてるのにこっちはほんとに

 樹脂の臭いでラリってるし、

 おまけに作品欲しいし、ほんとに腹立つわ―。

 (愛用の器落として欠けちゃったので新しいの欲しい)

 

 インスタ始めるの不安だったけど

 いろんな職種のひとの仕事話が大好きなので

 けっこう素直に楽しんで糧になってるなあ

 今のとこ。

 

 それにしてもこの局面では

 もはやプレッシャーしかないぜ招待枠。

 当日搬入。

 それだけは達人。

 

 

 

 

 

 

 

making
久々に朗報だった。

DSCF7316.JPG

 

 昨日は夕方からの買い出しを終えて

 夜間作業をしにアトリエに戻ってから

 某動画サイトでプロ野球ドラフト会議を観まして。

 ドラゴンズ与田新監督が4分の1の確率の

 くじを最初にひいて大阪桐蔭根尾くんを

 当てたときには思わず声をあげてしまったよ。

 球団的には高卒の内野手を育てるのが下手な

 イメージはどこかするけれど、

 とにかく新体制早々に幸先いいのは嬉しいかぎり。

 2位指名の東洋大・梅津くんもふくめて

 12球団のうちでもかなりいい補強ができたんでは

 ないかと。

 即戦力というわけではないだろうけど、

 ここは2年、3年地固めするつもりで

 万年下位チームから這い上がってほしい。

 

 こっちもがんばらねば。

 

 

 

 

 

 

 

making
ポンコツを修復

DSCF7307.JPG

 

 口唇ヘルペスの痕(あと)がかさぶたになっていて

 ヒゲが剃れないでいたのだが、口ヒゲ右側に

 大きい目のミステリーサークル(円形脱毛症)が

 出現していたのでええいさっぱりしたい、と

 夕方、ホームセンター等に前個展で使い果たした

 材料や消耗品を買い出しに出る前に

 近所の川澄湯に行ってヒゲを剃ったら、

 ものすごい肌荒れで無意識のうちに掻いたり

 していたのだろう、みみずばれみたいに赤い

 痕がいっぱいあって、慌ててスギ薬局に行って

 軟膏とビタミン剤を買ってきた。

 

 仕組みはわかっている。

 ストレスがかると胃に負担がかかり

 食べ物から肌に大事なビタミンB2、B6を

 吸収できなくなる。

 ちなみに個展の前はほぼほぼ常時嘔吐(えず)いている。

 慢性の逆流性食道炎なので胃酸があがってきて

 食道を荒らすものだから、おえおえやってるうちに

 食べたものまでもどしてしまう。

 今回はこれに風邪の症状までのっかてきたから

 身体は正直でかなりヘロヘロなのだろう。

 精神的には持ち直しているのだが。

 

 そんなわけで、制作のストレスを少しでも

 減らそうとボロボロになっていた時計の枠用の

 シリコン型全部を穴埋め修復した。

 ボロボロの型を使うとボロボロのまま写ってしまう。

 凹みは凸になる。

 凸の余分な部分は削らなくてはいけない。

 ポンコツの型からとったものをちゃんとするのは

 けっこうな手間なんだよね。

 この局面だしついついそこに時間を割くのを

 躊躇(ためら)ってしまうけれどそこからちゃんとしようと

 思ったね今回は。

 で、ついでによせばいいのに時計(S)に

 さらに改良を加えるという余計なことを始めて

 しまって…

 でもさ、自己満足かもしれないけれど

 そのときのちゃんと納得いくものを

 出したいじゃん、やっぱりさ。

 

 まあ、でもぼくのつくるのってだいたいそんなんですよ。

 ほんとに。

 過剰評価が過ぎるっていうか。

 

 

 それにしても、

 もうちょっ痩せてもいいはずなんだけどなあ…

 

 

 

 

 

 

 

making
再始動

DSCF7280.JPG

 

 三島から戻った翌月曜は持ち帰った

 やり残しの作業をなんとか終えて発送できたものの、

 その後ぼんやり出始めていた風邪の症状が悪化。

 1年ぶりの口唇ヘルペスも発症。

 火曜、水曜と寝込んでしまった。

 

 今年はこれまで徹夜を一切しないというルールのもと

 おかげでなんとかやってきたものの

 (8月のはじめに一日だけ休日をとるために徹夜したが)

 さすがに今回ばかりは間に合わず今思えば個展直前

 まる2日日間眠れていなかったので

 間に10分ほどの仮眠を高速道路のサービスエリアで

 3回とってはいるがこういうのは本当に危険なので

 これで終わりにしたい。(前も書いたかも)

 もう全然若くはないのだし。

 

 そういえば数年前に雑誌『Tarzan』で読んだけど

 体内にあるヒトヘルペスウィルスを測定できればそのうち

「疲労」というものを数値化できるようになる

 みたいなことが書いてあったけど、

 あれはどうなったのかな。

 そしたら「今日疲労度95だから休みます」とか

 言えるんだけど。

 ヒトの身体は実によくできている。

 

 ともかく

 昨夕あたりから咳が和らいだおかげで昨晩はようやく

 たっぷりな睡眠がとれて、

 今朝起きたらずいぶんアタマがすっきりしていたので

 午前からやっている宮の湯へ行き3日ぶりの風呂。

 実質2日寝込んでしまったけど、とにかく本日午後から再始動。

 この秋の第3クールは

 最後までしっかり睡眠とりながらやります。

 

 

 

 

 

 

 

making
明後日搬入。

DSCF7231.JPG

 

 個展に向けて。

 時計(M)がまだこの状態。

 ここから繋ぎのライニングをして

 削って磨いて…

 針付けは間違いなく現地作業。

 (L)、(S)にいたっては組み合わせ前の削りにすら

 至っていない。

 時計に関してはこういう状況になることも

 もう次の堺で終わりなので

 今回もなんとかやりきりたい。

 

 で、問題はランプたち。

 先月違う筋肉を使った反動がもろにきてしまって…

 夏の甲子園(口)で温めた肩を一回冷やしてしまったのは

 おおいに反省するところ。

 デスクライトや置きのランプがかなり危ない。

 といいつつペンダントも、いや

 唯一出来てる作品がいまだ八角シェードひとつとは…

 去年のやいちがこんなだったかな。

 いや、ここまでひどくはなかったかも。

 

 金曜から始まる nico さんの

「お出掛け編」への出品はまた遅刻になります。

 この激流の中の一連のオアシス的制作なだけに

 今回は間に合わせたかったのだけど、

 まずは個展の方に集中ということですみません。

  

 とりあえず今日こそ川澄湯。

 おっと、閉まるまえに行かなくちゃ。

 取り急ぎ「生きてます」。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
過渡期

DSCF7230.JPG

 

 初日、作品たちがまだ

「Transition」(過渡期≒仕上げ途上)だったら

 ごめんなさい。

 

 なんていい(都合の)タイトルをつけてくれたんだろう

 とか思いながら

 夜明け前の単調作業をしていたら

 加ト吉(かときち)の昔懐かし

 CMソングを労働歌として連呼していたよ。

 

 せめて現地でなんとかなるところまで

 いけないものかなと想定しつつ

 今日も一日が終わる…

 

 生存してればなんとかなる。

 かも…

 

 

 

 

 

 

 

making
秋の日はつるべ落とし

DSCF7213.JPG

 

 というわけでついこの前のことを思うと

 あっという間に陽が暮れてしまう。

 明るい時間が足らない。

 夏みたいに3時に起きても4時に起きても

 夜明けが遠く感じる。

 何より午後の時間が短い。

 

 FRPではつくってますが、

 これがFRPだなんて思わないでね。

 僕のやっていることはその中の少数派のまた少数派。

 別にFRPかどうかなんてのも

 ほんとはどうでもいい。

 むしろ説明面倒くさいし。

 実はクラフトフェアでのジャンル名「その他」ってのも

 それはそれで気に入っている。

 

 ちょうど1週間後から個展なんだけど、

 この局面で何ひとつ出来上がっていないのは初めてかも。

 事前にお知らせあるかと思いますが、

 初日は整理券を用意してくださるとか。

 でもそんな打ち合わせを電話でしていても、

 内心は「いや、まだ1個も出来てないし…」で

 胃がきりきり。

 

 昨日、人に「またまたあ、そんなわけないでしょ」

 と言われたけど、

 インスタ始めて間もないので

 なにか出来たら嬉々として作品写真あげるっての。

 

 それよりもここのところ連日流血記録を更新していて

 今日なんぞは仕事と関係なくお昼にねぎを切ってたら

 包丁落として。

 足の甲にぶっ刺さったらマンガみたいで面白かったが

 それでも包丁の先端がしっかりと当たったて

 引き出物カタログでもらった新品の万能包丁だったもんだから

 よおく切れて、だらだら出てくる血を布テ―プを貼って止血。

 貧血で朝礼のとき度々倒れていた

 神経質な少年は意外とタフになったものだと

 我ながら感心。

 

 なにはともあれ生きてます。 

  

 

 

 

 

 

 

making
回転台

DSCF7188.JPG

 

 ペンダントシェードのライニングの際に

 使用する回転台付きの板。

 これの導入により少し制作がしやすくなった。

 6年ほど前、こうすればいいと教えてくれたのは

 FRPの成形屋さんで勤務経験のある

 自身も樹脂で作品をつくられる

 Mさんでした。

 

 芸大の授業以外にも

 実は昔やったことがある人はまわりにもけっこういて、

 いや、でも、ものの見事に今はやってない。

 ま、そういうことです。

 自分だっていつまでやれるやらと

 この10年、毎日思いながらやってますな。

 

 ふんばりどころの2週間。

 

 

 

 

 

 

 

making
好きに削って、までが遠い…

DSCF7157.JPG

 

 ごめんなさい、

 昨日のぎりぎりイエローカードの反省から

 nico さんへの納品は一日おいて日曜を目指します。

 そもそも、個展の制作の合間に楽しんでつくっていた

 栓抜きがばっかばっか壊れるという

 一頓挫があったので、

 あらためて製法を見直しながらに。

 

 栓抜き含めて柄のもの10点ほどではありますが制作中です。

「さあ、好きに削りだしていいよ」

 という状態まで持っていくのがなかなか遠く

 遅れてしまってすいませんが、

「食卓編」だからあえてやってみたかったこと

 試してみてます。

 

 

 

 

 

 

 

making
| 1/35 | >>