FRPのこと 40 (彫刻3)

 DSCF5693.JPG

 

 媒体に載せてもらう際、肩書きをどうするか

 というときに「造形作家」としてくださいと

 お願いするのだけれど、

 以前どうしても英訳しなければならなかった際に

 先方が調べてくれて

「造形作家は sculptor です」

 ということだった。

 でも sculptor は 彫刻家 のことなのだ。

 

 一昨日東京での展示を終えた

 クロヌマタカトシさんが

 カミヤベーカリーに来てくださって

 福岡道雄さんの展示のことを教えてくれた。

 恥ずかしながらこれだけ

 FRPを使って作品をつくっている

 日本人の方をまったく存じ上げなかった。

 80歳越えの御大である。

 作品の中に同じくFRPを使う

 草間彌生のことがちょっと書いてあって最高だった。

 また解説文やキャプションにも

 しっかりと「FRP」と表記されていて

 とても嬉しかった。

 残念ながら大阪の国立国際美術館での展示は

 昨日が最終日。

 

 クロヌマさん、

 きっとわざわざ伝えに来てくださったんですね。

 次の2人展に繋げましょう。

 僕も sculptor らしいことをするつもりです。

 

 

 まずはカミヤベーカリー展示期間中

 今晩最後の徹夜になりそう。

 健全なパン屋さんでの展示なのに

 なぜか今月、睡眠は2日に1回という

 おそるべきルーティンになってしまった。

 これはこれで慣れてしまうからおそろしい。

 

 

 

 

 

 

 

FRP
<< NEW | TOP | OLD>>