一点ものつながり

DSCF6239.JPG

 

 5つ子。

 壁付けミニブラケット。

 なんか名前をつけたくなる。

 これはあと少しで完成。

 

 

 夕方、先日外注した発砲スチロール型が

 さっそく完成したというので

 名古屋の加工屋さんに赴く。

 いいところがあってよかった。

 気さくな社長で小さなかたちをたったひとつ

 依頼しただけなのに快く引き受けてくださって、

 おまけに製品づくりや加工場も案内してくださった。

 

 今回の目的は抜き勾配ではないかたちの

 一体成形のものをつくりたいから。

 そもそも問い合わせ時に何がいちばん躊躇したって

 つくってもらったものを型にして

 FRPを張りこんで硬化後その型を溶かして

 抜いてしまおうっていうんだから

 嫌だろうなあ、って…

 そしたらこの会社のメイン業務の大きな鋳造型も

 結局は一点ものがゆえに

 発砲スチロールは溶けてなくなってしまうのだとか。

 むしろ溶けてなくなってしまうという特性こそを

 生かして、だから一点もの向きなんだという。

 目から鱗だった。(説明下手だなあ)

 

 いやあ、1個しかないんだよ。

 失敗したらどうしよう…。

 この件はGW中にトライ。

 結果は後日報告。

 

 

 型があるのもないのも全部一点もののつりで

 つくっている。

 そういう速度だしね。

 

 いろいろヒントをもらったし、

 もうちょっとだけ、続けたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

making
<< NEW | TOP | OLD>>