午前七時でもいいくらい。

DSCF6430.JPG

 

 今日も早朝から片づけをしていたが

 あまりにも煮詰まってきたので

 名古屋駅のミッドランドスクエアシネマに逃亡。

 午前十時の映画祭で上映中の

『七人の侍』4Kデジタルリマスター版を観てしまった。

 十代の頃からVHSやDVDで10回、

 いや15回は観てきたが

 実はスクリーンで観るのはこれが人生初。

 行ったら明日までだったのでいやあ観といてよかった。

 

 それにしてもデジタルでの修復技術ってすごいな。

 もともと台詞の聴き取りにくい黒沢映画だけど

 菊千代(三船敏郎)のセリフがすごく聴き取りやすく

 なっていたのと画面の濃淡がくっきりしてて

 細部までよくわかるようになってて観易くなっていた。

 だけに手元にあるVHSの粗い版も大事に

 持っておこうと思ったね。

 もっとも与平役の左卜全(ぼくぜん)だけはあいかわらず

 何言ってるかわからなかったけど。

 公開中のウェス・アンダーソン監督の

『犬ヶ島』ももろオマージュだったし

 (というかしっかり音楽も使っていた)

 やっぱり日本が誇れる歴史的な名作でした。

 次回は『用心棒』だそう。

 これの猪吉と、『七人』の七郎次。

 加東大介のこの2作の対比がまたいいんだよなあ。

 

 

 気分を切りかえて戻ってからは

 ばっさばっさと切り捨て作業。

 制作ノート100冊強も容赦なく。

 ああすっきりした。

 

 わが滋養。

 

 

 

 

 

 

 

notes
<< NEW | TOP | OLD>>