半分説

DSCF7764 (3).JPG

 

 昨日は年内営業も翌日までという喫茶クロカワへ。

 看板をつくらせていただいたなかでは

 うちのアトリエからいちばん近い飲食店でもあり

 仕事あがりにふらりと出向いて

 シャンディガフやコーヒー泡盛をひっかけて帰る、

 というのが理想なのだが、

 (自慢のコーヒーじゃなくてごめんなさい)

 今年はなかなかその余裕がなかったね。

 

 今年前半、クロカワさんに

「もうオープンして2年になる?」という

 たいへん失礼な発言をしてしまった

 時間感覚がとち狂っている自分。

 来年で5周年です。

 

 実はトイレと焙煎室にも、もともとついていた

 蛍光管用のカバーシェードをつくっているのだが、

 もうあれって製造中止になるとかで

 取り外した焙煎室のカバーを見せてくれたのだけど、

 いい感じにコーヒーの色が着いてて

 すっかり味が出ておりました。

 自分しか入らない場所なのにこだわって

 つくらせてくれて、あらためて

 ありがたいなあと。

 

 年内営業を終えられたみなさん、

 今年も1年おつかれさまでした。

 まだのみなさん、あとひと踏ん張り

 がんばりましょう。

 時間感覚のおかしい自分は、

 まだ間に合えば明日も発送しようとしております。

 もちろん年末、年始もエンドレスで仕事します。

 今日はできるだけのゴミを

 なんとか産廃屋さんに持って行ったのだけど、

 予定の半分がいいとこだった。

 

 だいたい一般の半分くらい足らない自分。

 だから4年を2年と言ってしまうんだな。

 

 この看板も設計はクロカワさん自身によるもの。

 鉄枠もロゴも手配して用意してくれたもので

 僕は半分にも満たない仕事量なんだけど、

 そのくらいが理に適っているのかもしれない。

 昨日このときなぜぎりぎりなりにも

 オープンに間に合ったのか、

 という話をしていたので

 あらためてふとそう思った。

  

 

 

 

 

 

 

notes
<< NEW | TOP | OLD>>