ウェイトとウェット

IMG_20191018_161542.jpg

 

 FRPの中に鉛を詰めるのは、

 デスクライトの台座を

 重くする必要性からだったと思うのだが、

 単体でペーパーウェイト的なものを

 つくったのは、10年ほど前の

 クラフトフェアまつもと

 出展時だったと思う。

 ほとんどのものが軽い中で

 手に取った瞬間のお客さんの

 リアクションを見るのが楽しかった。

 

「軽さ」は、

 ときにコンプレックスでもあり

 あるとき焼き物の作家に

 同じ体積の陶器より重い、

 と言われて嬉しかったりもした。

 ペーパーウェイトとは名ばかりで

 ただ中身の詰まった重みのある

 立体がつくりたかっただけなのだけど。

 

 22:30、名古屋も雨が強くなってきた。

 明日はこの湿気を使って

 表面に紙を張ろうと思うのだが、

 台風被害のあとにこれでは

 たまったものではないだろうから

 別に降ってくれなくてもいいのだが…

 

 

 

 

 

 

 

making
<< NEW | TOP | OLD>>