明日から

DSCF7005.JPG

 

 今日の午後3時ころ

 ダイヤモンドカッターを着けたグラインダーで

 細かいカットをしていたところ

 不意に眠気がやってきてあやうく寝落ちしそうに…

 ひとまず仮眠して復活。

 昨日は久々に数時間眠れていたのだが、

 さすがに疲れが蓄積してきた様子。

 それにしても指が落ちなくてよかった。

 

 そんなこんなで

 明日14日(金)から石巻・観慶丸本店での個展が始まります。

 初日に居ないのは珍しいことですが

 おかげで明日も一日作業ができる。

 間に合わなかった分を仕上げて

 15日(土)の在廊にあわせて少しでも持参できたら。

 

 昨日産声をあげて1時間ほどで発送した

 大きな円柱の箱は仕上げの際中に不具合を発見。

 いまのところ非売扱いもあらためて現地で検品してみたい。

 

 

 それからこちらも明日より始まる

 西宮・nico さんの「食卓編」への出品ですが

 あらためて来週にさせていただきます。

 初日を目指してくださっている方がおられましたら

 ほんとにごめんなさいね。

 もうちょっとやりこみたくて。

 

 こう思うとあらためて

 それぞれの店主やみなさんのご理解のもと

 やれているのだなと痛感しております。

 諸々どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

making
ピンボケ

DSCF6960 (640x480).jpg

 

 今年の残りの全展示で時計は出しますと言った手前

 今週末からの

 石巻・観慶丸本店でも出品予定です。

 ただ本日付けでまだこの段階。

 ここから失敗することも多々あるので数は未定。

 全部白でMサイズとLサイズのみになるかと思います。

 

 本日お手伝いに来てくれたキャップ(工場長)から

「インスタ、なんでピンボケばっかなの」と鋭いつっこみ。

 (webデザイナーにて兼業主婦)

 いまだに携帯で写真撮れないので

 慣れた安物のデジカメで撮った一分写真をパソコンに取り込み

 メールに添付して携帯に送信してるのだが

 その際に画像を小さくしているのが判明。

 いろいろ教えてくれたのだが

 肝心の箱ものが失敗続きでかなりやばい状況、

 制作の遅れであたまがいっぱいでもう忘れてしまった。

 というわけでインスタはぼちぼち覚えます。

 複数アップするとか動画とかDMだとかまったくわかりません。

 お問い合わせはHPの方にお願いします。

 もっともこちらの返信もろくすっぽできておりませんが。

 

 とにかくここのところどんどん制作時間が長引いてて

 半日前のことも忘れてしまうけど、

 個展が今週末だってことは大丈夫、ちゃんと覚えてます。

 今書いたから。

 

 

 本人的にはピンボケの方がなんか自然に感じるのは

 そもそも作品自体がピンボケみたいなもんだから?

 あるいは削り粉まみれで目が曇ってる?

 ただの老眼?乱視だから?

 

 

 

 

 

 

 

 

making
濡れてるから

DSCF6662 (640x479).jpg

 

 今月あたまに納品した 朴ノ木写真室 のサイン。

 依頼は数年前、まだ「見込み」だったのだが、

 ほんとに独立してしまったのだからすごい。

 これから先いっぱいいろいろあるだろうけど

 がんばってほしい。

 いろいろないと深みも厚みも出ないからね。

 

 取り付けが甘かったので再度持ち帰って少し修正。

 ミニマムな表情が雰囲気よく出たのだが

 僕ではうまく撮れなかったので本職に任そう。

 

 制作途中のこの段階ではまだ樹脂が濡れているのでね、

 いささか反則。

 過程の美学。

 

 

 

 

 

 

 

making
ベスト8

DSCF6811.JPG

 

 ようやく暑さがちょっとやわらいできた感じ。

 甲子園大会でベスト8が出そろう

 このあたりから秋にかけて毎年

 ぐっと制作のペースが上がり出す季節。

 今年は夏に消耗しきっていないのもいいはず。

 

 次回個展に向けて箱ものの制作をしつつ

 朝晩の時間を使ってデスクライトの制作を少しずつ。

 西宮  nico さんでのデスクライトの遅刻出品は

 来週末を予定しています。

 

 時計も表情などそれぞれ選んでいただける

 分を納品できたと思うのでお近くの方は

 この週末もぜひ。

 

 

 ここのところ甲子園球場のウェブサイトの

 満員通知発表を見るのが楽しくって準々決勝の今日は

 5:40 「現在、甲子園球場は満員です。

 ご入場いただけません。」

 1時間早まっとる…

 

 

 

 

 

 

 

 

making
小さいおみせ

DSCF6784.JPG

 

 年明けから予定していたとおり

 今年で時計の制作はひとまずやり終えようと思っているので

 年内の展示では数やサイズはともかく全機会で出品予定。

 それぞれのお店やギャラリーの個性に合わせて。

 

 今週17日(金)から始まる西宮 nico での展示では

 とりわけ小さいお店なんでSサイズとMサイズ。

 Sは5月の松本では出せなかった色つきも混ぜて

 nicoさんの10周年にちなんで10個。

 Mは白のみだけどこれまた10個、といきたかったのだけど

 中間のアクシデントでほぼ半減。

 

 で現在進行中のデスクライトについては

 もしかしたら途中追加になるかもしれない。

 ほかの作家もたくさんいるしね。(14日21:00現在)

 また報告します。

 

 

 それにしても

 ブログの早書き(30分更新)早パシャ修練のおかげか

 インスタは(へんにこだわらなければ)とっても楽チン。

 

 

 

 

 

 

 

making
とってもいい

DSCF6713.JPG

 

 昨年からのふくなりの案件。

 年明けとこの夏との2回に分けてようやく完了。

 すっかりお待たせしたけれど、

 いろいろと面白いことをやらせていただいた。

 

 扉の把手(棚用)はたぶん初。

 あとはお任せします。

 それにしてもどこの仕事場も暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

making
箱の体

DSCF6710.JPG

 

 9月の展示に向けて。

 10日ほどかけてやっと最初の数個が

 箱の体をなしてきた。

 ふたとの合わせを調整して研磨。

 仕上げに切断面をもうひと塗りして

 さらにひと磨きふた磨きしたら。

 明日ようやく完成。

 

 それにしてもほんのこれだけ指先でペーパー

 かけただけで親指の爪がめくれてしまって

 ひ〜。

 なるべく同じ作業を溜めこんでやらないように

 ひと月のうちに各工程を分散して制作するよう

 心掛けたいと思う。 

 

 そういえば先月ほほ日で糸井さんが紹介してた

『集中力はいらない』を今読みはじめたところ。

 もとより物理的にもなにかひとつの作品に集中して

 制作できない素材なので、

 それをネガティヴに捉えるのではなくなにかしら

 気持ちの上での参考にならないかなと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

making
2倍、2倍、

DSCF6684.JPG

 

 昨日はキャプテン(工場長)※の視察の日なのに

 2日前の時点でまったく予定のノルマに

 到達していなかったので午後からの出勤にして

 もらったのだが、前日に時計(M)が全滅するわで

 すっかり予定が狂った中、

 なんとか仕事をつくらねばと早朝から昼まで

 フル稼働で研削作業をしたところ軽く熱中症状態。

 +午後から1時間ほどで完全にダウン。

 それでもどうにか仕事を引き渡して

 脇で氷枕をしながら休んでいる間に大事な作業を

 進めてもらえたのでとても助かった。

 

 しかし、やはり彼女、鋭いなと思ったのは、

 来月の個展がふたもの中心になったと伝えたら

 とっさに「それはやばい!」と指摘があったから。

 毎回ふたものを出そうと言いつつ間に合っていない

 のを月いちで来るくらいなのによく見ているなあと。

 そう、ふたものはうつわものやシェードの

 倍の手間がかかるからねえ。

 僕のつくるものの中ではデスクライトの次に

 難易度が高いジャンル。

 そんなチャレンジングなテーマを敢えてやらせてくれる

 ことに感謝しつつもまだなにひとつ作品が出来ていない

 現状はさすがにまずい。

 もちろん指定されたDM用作品の締切はとっくに過ぎている。

 急がねば。

 とにかくまずは納得のいくものをなにかひとつ。 

 

 ※ただのデキるバイトです。

 

 

 

 

 

 

 

making
鉄板の配合

DSCF6673.JPG

 

 今年の夏はちゃんと寝てるしちゃんと食べてるし

 体調だけは万全。

 それでもぶり返しの暑さはほんとに堪えるし、

 作業的にも暑さのせいでスチレンがとんでしまって

 粘度が増した樹脂を薄めるためのスチレンモノマーが

 固まってしまうという有り様。

 

 暑さのせいにはしたくないのだけれど

 きれいなクリアの仕上げにしにくくて

 エアコンで温度を下げて除湿をした中で

 今度は調整のために硬化剤を減らしすぎると、

 半日から一日(研削するのに十分なくらいまで)固まってくれない。

 なんと効率の悪いことよ。

 

 それでこの樹脂に対してこの量の硬化剤という

 まあ間違いのない配合みたいのをようやく見つけたのだが、

 細かいものをつくるのには量が多くて使いきれない。

 いや、この話にはおちがなくて

 ただただ、暑いよねーって話だから

 さっさと蓋をしたほうがいいやね。

 

 

 

 

 

 

 

making
リセット中、あるいは「ご安全に」

DSCF6652.JPG

 

 前年9月の個展の際のシェードがようやく終えられそう。

 幸いシリコン型の再制作も上手くいき

 気になっていた歪み補正もなんとかなった。

 さっと翌月に済ますつもりだったものが11か月も

 かかってしまってお待たせしてしまいごめんなさい。

 週中には送ります。

 これでようやく箱ものの制作に移れる。

 

 結局7月リセット叶わずで、まだまだお待たせ案件が

 あるのだが、これらの何件かが箱もの。

 9月の宮城・石巻の展示はふたもの中心になるので

 とにかくこのあとまとめて制作に取り組む所存。

 もっともいずれも2013年、16年、17年前半に受けて

 ここまで持越してしまったという難関案件でもあり

 池田屋に切り込むくらいの覚悟が必要と心得るが

 あれも祇園祭りの暑い夏、季節柄ちょうどいいや。

 それにしても『西郷どん』ってなにが面白くないんだろう?

 だれかうまく説明してくれないかな。

  

 ちなみに寝る前に秋の展示に備えて簡易作業しつつ

 1話ずつDVDで観てるTVドラマ版の『ファーゴ』。

 こっちはかなり傑作。

 映画版同様雪のアメリカ中西部が舞台で涼しげでいいけど

 血なまぐさいのでお気をつけを。

 うちの作業場は年中真っ白だけど。

 流血しないように安全作業で臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

making
<< | 2/35 | >>